雑記帳


雑記帳過去ログ  馬話過去ログ

20060827 コミケ70 オフレポ3




 27日にもなってオフレポもないだろうという気がしないでもありませんが、まぁいいや。

 つーわけでコミケ後は打ち上げです。
 会場の新宿まではりんかい線で移動したわけですが、例によって改札激混み。切符買ってなかった人たちを置き去りにして、仮面の男さんと大谷さんと3人で帰ってきたわけですが、楽しげに談笑しつつも大谷さんのことを「この人いったい誰だろう」とずっと思っていたことはヒミツです。
 待ち合わせ場所のマック2階が空いてないし禁煙だったので3階に変えたり、もりたさんたちが遅刻しやがったり、アフロ先生が遅刻しやがったり、仮面の男さんが美鈴ちんに説教されたり、幹事がメンバーをまったく把握してなかったりしましたが無問題。いや最後はダメだろうと思わなくもありませんが、幹事は久慈だったので仕方がありません。

 阿鼻叫喚の飲み会ですが、とりあえず参加者紹介として久慈の一言印象を。


・峻
 赤い。赤すぎる。
・竹仙人
 そろそろバッグの中につめた幼女出してあげたら?
・初貴
 ベストの人。次もベスト着てくるんだ。
・リーマン
 お前ぜったいわたしのこと嫌いだろ! 絡んですんません。
・アルフライラ
 キミ、テンション高すぎるんだよね。どこからどう見てもヤンキーです、本当にありがとうございました。
・DEEPBULE
 ピエール。一見すると落ち着いているように見えるが恐らく一番の変態。みな騙されるな!
・広瀬
 締め切り破りすぎなんだよキサマ!
・kobax
 長野県民だと信じていたのに…… もう誰も信じない。
・Anemos
 しまった! 絵描きさんだったのに拉致り忘れた!
・大谷
 次も白いTシャツで来てください。冬コミでもTシャツオンリーで。
・まてつや
 どうしても顔を覚えられない人。次は裸で来いよ、そうすれば覚える。
・みのりふ
 相変わらずいい人だった。Tシャツだけど。
・仮面の男
 気分悪かったのね、眠いだけかと思ってた。スマン。
・美鈴まさき
 露西亜人。また今度部屋掃除に来てよ。
・最中
 すんません、次も絶対顔覚えてないと思う。
・剛久
 幼女をチラチラ見ないように。
・もりたとおる
 荒み過ぎ。会話が一番荒んでた。


 というわけで、なかなかに荒んだいつも通りの飲み会でした。
 具体的にはすなふさんの悪口を言ったり、ふみーの悪口を言ったり、まき先生の悪口を言ったりしました。主にもりたさんと峻者が。久慈はリーマンさんに絡んでいたのでそれどころではありません。

「リーマンさんわたしのこと嫌いだろ?」
「い、いや、そんなことないですよ!」
「いーや、わたしにはわかる。あなたは絶対にわたしのこと嫌いなはずだ」

 とバリバリに絡んでいました。ステキ。


 お初の方が多かったのに、あまりお話ができなかったのが残念です。久慈はほとんどお酒飲んでるだけであまり会話に参加できなかったので、内向的な自分の性格が毎回恨めしいです。とりあえずデカイ声出しすぎて喉涸れたじゃねーか、お前ら責任取れ。

 そろそろ時間かなという頃に、風見さんとSu-37さん到着。遅いんだよお前ら。もう時間だからとっとと出るぞコラァ!
 もりたさんとこで徹カラする元気も無いので、とりあえず次も飲みに行くことにしました。面子はわたしとかざみん、広瀬さん、アフロライラさんあたり。他の人忘れました。かなり飲んでたから仕方ない。なんかビール1杯だけしか頼まない、という超イヤガラセ攻撃をしたことと、かざみんのために再度行った自己紹介が途中で終わったことしか覚えてません。とりあえずなんかここでも悪態ついた気がしますが、まぁいつものことなので気にするな。

 つわけで、一次会、二次会共に参加者の方はお疲れ様でした。また呼ぶから絶対来いよお前ら。




 14日は時をかける少女を見に行ったわけですが、あんま面白くなかったよ。
 まぁ気力があったら感想もかねて書いてみようと思いますが、あんま期待すんなー。(ダルさMAX)

20060823 コミケ70 オフレポ2



 また明日と言いつつも翌々日になるあたりがくじういんぐクオリティ。続くかどうかすら定かではない。



13日

 さあいよいよ本番、コミケ3日目です。
 朝からお前あたまおかしいんじゃねーのかというくらいの晴天の中、8時前には開場入りです。今回久慈は既刊の送付が期日に間に合わず、車で行くという海風さんに荷物を送ってあったわけですが、会場まで運んでもらっちゃいました。ありがとう海風さん、こんどなんか奢るよっ!
 激暑い中、メリメリと設営です。今回は秘密兵器としてポスターを吊る用にパイプハンガーを持ち込んだわけですが、これが安定していて大当たり。次からも必需品となりそうです。
 正面がぶるまだったりその斜め後ろがまき先生だったりして、初Type-MoonだというのまったくKeyの頃と変わりがありませんでした。なんてことだ。
 とりあえず正面に山賊みたいなヒゲを生やした竹仙人さんがいて、その斜め後ろにはどこからどう見てもヤクザにしか見えないまき先生がいて、ロケーション的に最悪でした。もうちょっとどうにかならなかったのか。
 その代わりかどうかは知りませんが、ぶるまの島のお誕生日席に幼女がいました。幼女のコスプレした観鈴ちんでした。いや逆か。
 この幼女がなんというかまた非常に可愛くて、お父さんとお母さんの本を精一杯背伸びしてブースの向こうのお客さんに渡している姿は輝いていました。当然ながら周りの大きいお兄さんたちの視線を独り占めであり、正面の剛久さんがチラチラ見ていたのを久慈光樹は見逃さない。あーあー剛久さん見てる見てる、みたいな感じで観察していると、その後ろに立っている山賊がチラチラどころかガン見であり、お前もうちょっと遠慮しろよというくらいの釘付けっぷり、口開いて見てました。山賊めいた風貌もあいまって、あの場にコミケ警備員がいたら間違いなく連れて行かれたと思います。身内から検挙者が出なくて本当に良かった。

 開場すぐはどうせお客さんは大手周りですから、売り子として確保したすなふ山に買い物行ってきていいよと優しくしたのが間違いの元、なんか10分後くらいからぽつぽつお客様もいらして、30分後くらいには一人じゃ回らないくらいのお客様が! うは、金をケースに入れる暇すらねぇ! すなふさんどこ行ったんだよ!

 おかげさまでサークル「くじういんぐ」はなかなかの売り上げでございました。具体的には新刊250冊の既刊100冊くらい。まぁこの程度でなかなかの売り上げというあたりで、中小サークルであろうというものですが。
 うちは大通りに面していなかったので、走るアホに被害は受けなかったのですが、まき先生のとこは大変そうでした。会場前の大行列と、隣のサークルの時限販売が。
 なんというかねぇ、時限販売とかほんと周りに迷惑なのでやめて欲しいのです。うちのお隣さんはいい人だったので大丈夫でしたが、隣で時限とかされるとマジ迷惑ですから。コピー誌が間に合わなくて時限販売とかも意図的ではないにして迷惑さは一緒です、はっきり言って周りのサークルすげぇあたまきてると思いますよ。
 まぁ男性向けはそのあたり割と寛容ですけどね、表面上だけでも笑って許してくれる内が華だと思います。


 以降はまぁ、徒然。


 ご挨拶に来てくださった方々、ありがとうございました。まったく顔を覚えていないばかりか、名前を聞き漏らした挙句、にこやかに談笑を続けるのは久慈の必殺技ですので諦めてください。顔もまったく覚えません。
 だが差し入れをくれた方は忘れない、特にかげさんがくださった夜のお菓子は大変美味しゅうございました。なんか知り合い連中に食われまくってわたし2個くらいしか食ってねぇよ! おめぇらなに勝手に食ってんだよっ! つかすなふ山がひとの本勝手に差し上げまくってました。このヤロウ!
 あと一時期売り子してたカワイイおにゃのこはふみーのカノジョさんです。死ねよふみー。

 とまぁ大変に荒んだコミケだったわけですが、お隣さんのサークル「にく」さんのFate名台詞本がなにげにすげー面白かったです。こういうコピー誌はいいね、残念ながらサイト持ってらっしゃらない方らしいので、こちらで感想失礼します。ぜひステイナイトの凛シナリオ本を出してください、買いに行きますので。

 本を下さった方々、ありがとうございます。久慈は貰い物で生きてます。つか今回もまた一冊も買ってねーな。
 さじんさんのディスガイア本がえろすぎた。あと木名瀬さんのフィアッセ本がかなり良かった。るろおさんとこの本もいただいちゃって申し訳なかった、超貴重なのに。
 小説本では、.17さん、美鈴さん、しゅらさん、もりたさん、まき先生、3Kさん(ぶるま)から本をいただいちゃいました。これからじっくり読もう。仮面の男さんは本をくれなかったので末代まで根に持とうと思います。あのヤロウ!
 峻者からはCDをいただいたわけですが、ふみーの歌を聴くのが怖くてまだ未開封でつ。まんじゅうこわい。

 「異能者まだですか」であるとか「名雪香里本、いつまでも待ってます!」であるとか「新刊でも“うしろ”なんですか?」とか声をかけてくださった方々、ありがとうございます。最後のヤツはコロスよ。

 「サイン下さい!」とか新刊を差し出してきやがった黒いTシャツのヤロウは名乗り出ろ! なんのイヤガラセだっ! とりあえず蛍光ペンで書いてやりました。イヤガラセ返し的に。

 新刊5冊とか買ってくださった方、ありがとうございます。うちの本はヤフオクでは買い手がつきませんよ?

 正面の山賊の方、あなたまだ幼女見てたんですか、いい加減にしないと警備員に連れて行かれますよ?

 新刊(えろ本)をぺらぺらとめくって、にっこりとステキな、だが非常に謎の笑顔を残して去っていかれた(買ってない)女性の方、ありがとうございます。次は買ってください。

 買ってくれた薄手で灰色なシャツを着た女性の方、ありがとうございます。胸元を凝視してしまってごめんなさい。本能なので仕方ありません。たいへんごりっぱなモノをお持ちで。

 まき先生、そのガタイで「自分アーチャーっぽい」とか言わない方がいいと思います。うちの島はFate島なので、滅多なこと言うと弓凛のお姉さまがたに刺されますよ?




 以上でコミックマーケットを終了いたします! わーぱちぱちぱち。
 楽しかったなぁオイ。

 打ち上げのもようはまた明日。

20060821 コミケ70 オフレポ1



 楽しかったーーっ!
 コミックマーケット70、参加してきました!
 コミケに参加するのは実に1年半ぶりで、正直その楽しさも忘れかけていたのですけれど、久しぶりに参加したらなんかもう楽しくて堪らなかったです。いやもう本当にすげー楽しかった!
 コミケも色々問題を抱えていて、賛否両論色々あると思うんですけれども、参加して楽しんだ者勝ちですよ、ほんとに。

 というわけで、久しぶりに気合入れてオフレポなんて書いてみたりします。例の同人エントリへのメールフォームご意見等のご紹介はもう少しお待ち下さい。まずはオフレポだ!
 多分に内輪話ですのでそのあたりはご了承くださいまし。まぁ雰囲気でも感じていただければ。




12日

 前日上京したわけですが、山手線止まっててのっけから新宿駅で立ち往生ですよ!
 宿が五反田だったんで、山手が動いてないと新宿から動けず、超まいった。
 仕方がないのでりんかい線で大崎まで行って、大崎から一駅歩きました。雨の中、傘も持ってない状態で。今にして思えば、これが今回一番辛かったんじゃないかと。おのれ落雷。

 12日は身内飲みやるよー、とニーヤから誘われていたわけですが、あのヤロウ外人さん接待にかまけて人を放置しやがって! 仕方がないので、すなふさんとサシで飲むという異常な状態に。新宿の東方見聞録。
 わたしはこれでいて野生動物のように人見知りしますので、サシで飲める人って界隈にはすなふさんかふみーくらいしかいないんですよ。久慈光樹は基本的に人付き合いできない人なので、大人数でアホやるのは好きですけどサシで飲むのはハードル高いのです。仕事柄、営業トークに終始するなら別に構わないのですが、友人とそれはやりたくないですからね。付き合ってくれたすなふさんには感謝です。
 そのあとどうするかなぁと。どっかの集まりに混ぜてもらおうとメールしたりしましたけど、結局そのまますなふさんとこについていくことに。仮面の男さんごめん、お騒がせしました。
 なぜすなふさんについていったかというと、なんとあの、あー先生(AHHさん)が来るらしいのです!
 うちの昔からの閲覧者さんであれば、あー先生との確執はご存知だと思います。彼とモメたのが2003年12月(過去雑記参照)、それから2年半、そろそろ決着をつけるときでしょう。ここは意を決し、殴り合いもやむなしという心境で決戦に臨むことを決意したのです。
 ――というのはまったく嘘で、あー先生にすなふさん経由でお伺い立てちゃうくらいのチキンっぷりです。ビバ小心。だって彼怖ぇんだもん。
 いやまぁ彼はノリが合う人だということは薄々知ってたんですよね、彼は界隈のマイノリティで、わたしも彼ほどでは無いにしてもどっちかつーとそっち系ですから、実際に会ったら絶対に気が合うなと解ってはいたわけですが、いままで機会がなかったのです。

 とりあえずそういうわけで、あー先生と飲んできましたよ。
 メンツはすなふさんと、ふみーと、AHHさんと、成さんと――ってなにぃ!!
 なんかすげぇレアキャラがいるんですが、これどういうわけですか!
 成さんといえば界隈の怖い人ランキングであー先生や阿部碧郎先生とタメを張るくらいのヒネクレモノヤロウであり、わたしなど怖くて声を掛けることもできないオソロシイ人ですよ! ぶるぶるぶる。
 というかなにこのメンツ、わたし以外の全員がことごとくマイノリティ。いうなればメタルスライムとはぐれメタルとメタルキングとデスピサロの中にタホドラキーが紛れ込むようなものです。まったくチームワークねぇ!!

 そんな感じで戦々恐々としつつ、会話をするのです。


「お、成さんそれW-Zero3っすね」
「うむ」
「やっぱ画面大きくていいっすね」
「うむ、だがメール受信まで時間が掛かるのが難点である」
「なるほど、そりゃマジ使えねぇっすね」
「……」
「ひぃ! すいません!」


 であるとか


「新刊どうぞ、Fateですけど」
「うむ」
「あー先生はFateプレイしたんですか?」
「いや、していない」
「なるほど、あー先生マジ使えねぇっすね」
「……」
「ひぃ! すいません!」


 などというオソロシ会話が盛りだくさんであり、胃が壊れるかと思いました。
 だいたいからこのメンツにわたしが混ざるなんて無理なんですよ! どいつもこいつも腹黒すぎてついていけませんよ!
 あー先生と仲直りの握手したわけですが、反対側の手に果物ナイフを持っているんじゃないかとメチャメチャ警戒しました。騙されるものかっ!


 締め切り面ですなふさんを罵倒したりカノジョ持ちということでふみーを罵倒したり成りんにFateを罵倒されたりあー先生と殴りあったりしているとあっという間に時間が来て、店員に急かされるようにお開きとなりました。
 また呼ぶからお前らそれまでにFateプレイしとけよ!




 というわけで今日はここまで。
 13日のもようはまた明日ということで。


 あ、あとコミケで配布したペーパーに記載した収支のページはもうアップしてあります。新刊買ってくださった方は一度ご覧下さい、どれだけ同人が厳しい世界かわかるかと思います(笑
 ショップで買われたという方は、メールしていただけばURLお送りしますよー。


 


TOP