雑記帳


雑記帳過去ログ

20030828 代理雑記 第十一回 おかざきたつまさん




代理雑記を星海の旅人さんから引き継いだ、おかざきたつまと申します。
まあ、ここに来られてる皆様とは全く関係のない世界(KANONとかAIRに興味が無い)に存在してますし、
今までの代理雑記の書き手の方々の様に、文才を全く持っていないですし、
久慈さんの様にネタになる日々を送っているわけではありませんので、
長々と文書を連ねるのは愚策でしかありませんから、おかざきが唯一取れる方法で行きたいと思います。
とりあえず、お食事中の方々と18歳未満の方々はご注意を。おかざきは責任を取りません。
また、この場にそぐわないからといって、おかざき宛に剃刀メールを送らないでください。
もし送ったとしても、見ないで削除するので関係ないですが。
それでは、よろしくお願いします。



 (久慈注:激しくえろ)


・・・久慈さん、こんなもんで良かったですかね?
一応久慈さんの好きなものを詰め込んだつもりですが。
では、そういうことで。






 
=□○_



 なんというか、もうこの人選となった時点でこうなることは覚悟していました。もうどうとでもしてください。とりあえず明日あたりにうちが「404 Page Not Found」とかになっていたらこれが原因だと思ってください。

 どこをどう突っ込んでいいかわからないのですが、とりあえず眼鏡フェチなのはうちのリーダーですのでその辺どうぞよろしくお願いします。


 さて気になる次回生贄ですが、とりあえずここらで一度指名権を久慈に戻していただきまして、私からの指定ということにさせていただきました。
 そういうわけで、次回の代理雑記は我らがシモネタ大王、瀬世紅葉さんにお願いすることとします。
 過剰なシモネタは禁止だぞ。>瀬チン
 (久慈光樹さんは過剰なシモネタには厳しいのです)

 

20030826 【無残】生きたまま鳥に頭部を貪り喰われる弟を眼前にただ見ていることしかできぬ兄。誰か!誰か弟を助けてくれ!そしてそれを薄ら笑いを浮かべて見やる2人の男たち【酷すぎる】




http://www10.plala.or.jp/kuji-wing/zakki/zangyaku.jpg



 いい加減このネタも飽きてきたのですが。


 というわけでお久しぶりですこんばんは。久慈光樹@無気力です。だりー。
 というかしばらく更新がなかったくらいで「死んだのでは?」「いやむしろお縄だろう」「そのまま有明に住み着いちゃったに違いない」などと根も葉もない噂を流さないで下さいお前たち。
 そんなこんなで今年の夏祭り(一部限定)もブジ終了したわけですが、今回も思うところあってイベントレポートみたいなものは割愛させていただきます。

 久慈光樹およびサークル『ひざうえ10せんち』はWWWを活動の拠とするものであり、同人活動はその一環に過ぎません。私にしろすなふさんにしろ、メインはあくまでWeb上の活動であるのです。最近はお互い忙しさにかまけてWeb上での創作小説公開も滞っている現状ではありますが、同人活動なるものを始めた当初からその考えは変わっておりません。よってWeb上の閲覧者の方にいたずらにイベントのレポートなどを晒すのはいかがなものかと感じ、お互いに極力Web上ではイベントの話題には触れぬよう心がけているのです。ひょっとすると楽しみにしていて下さる方もいらっしゃるやもしれませんが、このような活動理念の元に活動しているということをどうぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。……などというのはウソッパチであり、ただ単にダルイからに決まってんだろコノヤロウ!

 だいたいから夏コミのイベントレポートを書こうにも、「ただ売り子をしていただけでした」とでも書けばいいのか。
 とにかく売り子、ひたすら売り子。本もほとんど買っていませんよ。
 アホタイトルのせいか、はたまた表紙がえろすぎたのか、なんだか事前の予想に反して大変なことに! またしても通販分に満足な数を確保できず、哀れ再販と相成りました。冬の倍も刷っただけどなぁ…… とにかく再販となるとまたちょっと通販の方をお待たせすることになってしまい、現在手元にある在庫分も残り僅かですので今のうちにお申し込みをお願いいたします。(とさりげなく営業をするイヤラシイ久慈光樹氏)

 そんなわけでほとんど自ブースに張り付いていたわけですが、ありがたいことに、たくさんの人が訪ねてきてくださいました。うちみたいな零細サークルにわざわざ挨拶に来てくださるなんて、大変にありがたいことでございます。


「○○ですーお世話になってますーこれうちの新刊です」
「ああ、どうもありがとうございます。どうですか最近?」
「ボチボチですねー」
「あはは、うちもですよー」
「じゃあお邪魔しちゃいけないんでこれで失礼しますー」
「どうもわざわざありがとうございました」
「いえとんでもないー頑張ってくださいねー」

『えーと…… すなふさん、いまのひとダレ?』(こっそり)


 などという心温まる会話が目白押しでございましたとも。というか冒頭に名乗っていただいても喧騒で聞き取れねぇんじゃあ!(逆ギレ)
 そんなことがあまりに続くので(というかほとんどこのパターンだった)、後ですなふリーダーに「久慈さんヒトデナシすぎ!」と超怒られました。「聞き取れなきゃ聞き返せばいいじゃないですか!」というのは正論だと思いますが、だって聞き返してお名前が思い当たらなかったらすげー気まずいじゃないですか……
 イベント後に家に帰って、いただいた新刊を見ても解らず、今もってどなたであるのか解らないという方が何人かいらっしゃるあたりがもうだめぽ。

 とりあえず、下記の内容に関しては末代まで後悔したいと思います。



1.仮面の男さんにご挨拶に行ったら、上記の私とまったく同じような対応をされた

  なんてヒドイひとだ……


2.家に帰っていただいた本を検分したら、ひろふみさんえろ名雪の人、久慈が超ファン)がいらしてくださっていたことに初めて気付く

  気付いていればその場でえろ名雪描いてもらったのに……!


3.すれ違いでみちやづきさんとお会いできなかった。あまつさえいただいたコピー誌はホチキス止めされていない

  解ります、どこもいっぱいいっぱいだということは(泣


4.ゆんこお姉さんに餌付けされた。

  お手製のお弁当、大変美味しゅうございました。久慈めはお姉さまのドレイでございます。


5.目の前を歩くブルマ葵チャンの赤ブルマにクギヅケ。

  だってオシリが……


6.すなふリーダーに「今日は眠そうじゃないでしょう?」と自信満々に言われる。

  それが当たり前なんだ。


7.風見さんにご挨拶に行ったら、「おめーんとこの新刊はどうした? ああん?」と怒られる

  若干誇張。風見さんはとても優しそうなおにーさんでしたよ?(目を逸らしつつ)


8.自分で買った本の半分はえろ同人誌だった

  あまつさえなゆなゆ。ちなみにわつき屋さんのなゆなゆはえろ過ぎた。ワンワンだし。


9.帰りに新宿寄って『お姉ちゃんの3乗』やら『トゥルーラブストーリー Summer Days and yet...』やら『顔のない月ビジュアルファンブック』やらを買ってしまう罠

  コミケ会場よりも7、8倍は金使ってるじゃねーか。


10.翌日から今日まで休み無しで容赦なく仕事

  もうだめぽ。



 今回のコミケは概ねこんな感じでした。
 とりあえず、すなふリーダー雅さんには大変お世話になりました。どうもありがとうございましたこの偏向者どもがっ!
 というかしっかりとイベントレポート書いている律儀な自分が好きだ。

 

 


TOP