title_sub_Zakki.gif (2577 バイト)

 

こちらは雑記帳のお部屋です。


※雑記帳ですので毎日更新は保証されていません。
そういう仕様です。

line.gif (2120 バイト)

 

2002年2月21日

山男には〜惚れるなよ〜♪


 
 こんばんは久慈光樹@3日ぶりに布団で寝られるです皆様いかがお過ごしでしょうか風呂も当然3日ぶり。
 そんなわけで楽だった客先出向も終わり、普段の生活に戻った私です。




 さて、唐突ですが。
 久慈光樹はいま、ヒゲが生えています

 ひげ、ヒゲ、髭。
 これがうら若き10代の女性であるというのならば大問題ですが、残念ながら私はそうではないですから一向に問題はありません。男は色々な部位に毛が生える生き物ですが、女性は頭髪眉毛睫毛以外は毛など生えないと信じて疑わない純粋な久慈光樹です。睡眠不足から正常な思考が働いていない気もしますがそのようなことはどうでもよろしい。

 そんなわけで、ここ1週間くらい髭をまったく剃っていないのです。
 いや、頬の部分とか下唇の下とかは剃りました。鼻下と顎部分が大変なことになっているのです。
 おっと、某アニメ絶賛放映中のこの時期にアゴの話題は禁句でしたな、失敬失敬。

 だいたいから



 「全般的に顎がアレ」


 「舞のパンチラ」


 「栞に至ってはノーパン疑惑」


 「香里は良く言ってキャバ嬢」


 「コウダマリコ



 といったアニメに対するWeb上における誹謗中傷は原作のファンとして大いに抗議するものであります。どうせこっちじゃ映らねぇからどうでもいいし。




 話を元に戻しましょう、髭の話でした。
 頬などの部位は剃ったことを見てもおわかりの通り、髭を剃る時間が無いというわけではありません。意図的に伸ばしているのです。

 なぜ伸ばしていると思います?

 理由は簡単




グレたから





 ええ、久慈光樹はグレました、グレグレ。
 これからはグレた不良というかツッパリとしてバリバリに生きていくのです。
 死語の世界に連れ去られそうなのでこの辺でやめますが。

 社会への無言の反抗、むしろ悪いのは社会だ! というノリでひとつ。
 とりあえず所長には「グレたんで髭剃りませんから」とちゃんと了解を取ってありますので安心です。

 しかし1週間まったく剃ってないにも関わらず、2,3ミリしか伸びないんですよ。このままじゃダメです。
 いまの状態では、良く言ってロクデナシ、ともすれば路上生活者という感じなので全然ダメです。
 私の目指すのはもっとこう…… ダンディズム、そう、ダンディズム!
 トランプ投げて物を切断した挙句に「豚のように悲鳴をあげろ!」とか言われて腕裂かれた挙句に血を吸われて果てにはボーボー燃えちゃうくらいのダンディズムが欲しいところ。

 しばらくは客先に出る予定もありませんので、とりあえず伸ばせるところまで伸ばしてみます。



 目指せ! 関羽!(エー







 本日の迂闊さん

 <sNuf> 出そう


 ※久慈光樹 注1 リーダーのこの鶴の一声で、夏戦はアレなことになりそうです
 ※久慈光樹 注2 「だそう」と読むらしいです、決して「でそう」ではないと信じたい

 

2002年2月11日

IRCチャンネル「#あゆあゆ」に関して



 こんばんは、久慈光樹です。
 今回はあまり面白くない内容ですので、興味の無い方は読み飛ばし推奨です。


 IRC、チャンネル#あゆあゆに関してです。
 少し前からちょっとゴタゴタしてまして。

 クローズドな世界でのゴタゴタですので、恐らく私の取るべき行動の最善たるは「黙殺」だと思います。そして事実、今まで私はそうしてきました。
 ですが自サイトに宣伝文句を載せていた都合上、それではあまりにも無責任だと思い、筆をとった次第です。



 気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、現在、「くじういんぐ!」のTOPには#あゆあゆの紹介コンテンツはありません。そして私自身、あそこにはここ最近まったく顔を出していないというのが現状です。
 そのままうやむやにしてしまおうと思っていたのですが、またぞろ最近ちょっとばたついているようですので、ここら辺で当事者としてきちんとした説明をさせていただきます。

 まず初めに明言しておきたいのは、なにも私は別に人間関係のゴタゴタが嫌になったからあそこに行かなくなったわけではありません。
 私の話題と場の話題が一致しなくなり、私自身あまりあの場所に魅力を感じなくなったというのが正直な理由なのです。
 まさか「私と話題の合わない者は全員出て行け!」などと言うわけにいきませんから、私が出て行っただけの話。それにより不快な思いをなさった方がいらっしゃるのでしたら、私としては「ごめんなさい」と言うより他にありませんが、「話題が合わないからといって出て行くのは勝手だ」と言われるのもおかしな話だと思います。
 というわけで、残念ながら#あゆあゆに来ていただいたとしても、そこに久慈光樹はおりません。そしてこれも残念なことに、私自身が楽しいと思わなくなってしまった場所に、このサイトに来て下さる方を誘導するような無責任な真似はできません。

 以上がTOPのコンテンツからIRCチャンネル#あゆあゆの説明へのリンクを削った理由です。それ以上でも、それ以下でもありません。






 そして以下は特定の方へ宛てた久慈光樹からのメッセージとお考え下さい。
 あさもりひろまささんこの日記(2月10日)への、私なりの回答と捉えてくださって結構です。

 これもまた最初に断っておきますが、私自身は別段腹を立てているわけではありません。この程度で立腹すると見縊られるのは甚だ不本意です。従って謝罪など必要としてはおりませんので、どうぞその旨ご了承ください。
 それと上記日記にある会話には、当然のことながら私は参加しておりませんでしたので、多分に憶測から物を言っている面もあると思います。その場合は「なんか見当外れなこと言ってやがる」とでも聞き流してくださって結構です。


 さて。
 IRCというのは寄り合い所帯です。
 特に#あゆあゆのように、お初の方以外はほぼ全員がチャンネルオペレータ権限を持っているようなチャンネルでは尚のことです。
 やや原則論的ですが、チャンネルオペレータ権限を持っている方全てがそのチャンネルの管理者と言えます。
 私は古顔だったというだけのこと、自サイトのコンテンツにあるチャットならばいざ知らず、IRCのチャンネルに関して「あなたが管理者だ」と言われると少々戸惑ってしまいます。

「無責任だ!」と叫びたくなる気持ちも解らないではありません。
 誰だってチャットの古顔だったメンバーが抜けるとなれば動揺するでしょう。
 しかしながら。
 ぶっちゃけた話、私はあなた方(あえて複数形をとりました)の保護者ではありません。
 そこまで面倒見きれない、というのが私の正直な感想です。
 無断である日突然来なくなったというならば、無責任の謗りを受けるのも解らなくはありませんが、私はきちんと顔を出し「もう来ないと思います」と明言したはずです。
 逆を言えば。
 私が勝手にあのチャンネルの終了を宣言し、皆をbanして二度とjoinさせなくしたならば、あなた方は納得したのでしょうか?

 Netの上では例え実年齢が二十歳に達していなくとも、一人前の大人として皆が接します。
 インターネットを通じて皆が皆、楽しく可笑しく過ごすことができれば。
 それは何より、それに勝るものはありません。
 ですがチャットの画面に表示される無機質な文字の向こうにいるのは、あなたと同じ――いえ、あなたとは環境も考え方も違った人間なのです。
 一時の衝動に駆られての行動が、今まで築き上げてきた全てを台無しにしてしまうこともあるという事実を、もっと自覚なさってください。
 冒頭に「私自身は別段腹を立てているわけではありません」と書きましたが、実際のところ「腹を立てるのを通り越して呆れ果てた」というのが正確です。
 再三の周囲よりの諌めの声も聞かず、己の欲するままに行動した末の結果が、現状なのです。
 諌められたと自覚なさっていないのでしたら…… もう私からは何も言うことはありません。

 そしてまた、私は別にあなた方が悪いからあそこを抜けざるを得なくなった、などと考えているわけではありません。単に話題が合わなくなったと感じ、そう感じた側が身を引いただけです。
 このようなことは言うまでもないと思ったからこそ言わなかったのですが、どうもその後を見るに、誤解されている節が見受けられ、今更ながらですが明言します。
 トロンボーンを吹きたいが為に入部した吹奏楽部が皆の要望から軽音楽主体に移り、クラシックを演奏したかった人間が退部したのと同じ事なのです。「我慢してドラムを叩け」と言うのはおかしな話ですし、己の意志で退部した部員が吹奏楽部や残留した他の部員たちを恨むのも筋違いです。
 私が#あゆあゆを抜けたのは別にあなた方のせいではありませんから、どうか負い目に思わないでください。

 最後に。
 今後この件に関してリアクションを起こされるのでしたら、できればサイト上で公開してください。クローズドな手段――メールですとかIRCのプライベート――では、当方一切お答えする意志の無い旨をご了承ください。
 そのような段階は既に過ぎました。



 最後にもう一つだけ、これはこの文章をご覧の皆さん全てにお願いする内容です。
 この件に関して、当事者以外からのご意見はご遠慮ください。
 公開しておいてそれはないだろうという気もしますが……。
 ただこれだけは分かっていただきたいのですが、私は相手をやり込めたいがためにこのような文章を書いているわけではないのです。
 私も当事者の一人である以上、発言の権利はあると思います。
 ですがどうしても当事者である以上、主観が入るのはこれはもうどうしようもないことです。
 一方の主観交じりの文章だけを見て物事を判断するのは、大変に危険なことであり、それによってアクションを起こすのは軽率の謗りを受けても仕方がないと思います。
 どうぞその辺を考慮し、Net上におけるご自身の名を辱めることのない対処をお願い致します。



以上

 

2002年2月4日

誰か部屋掃除して下さい……



 やっぱり慣れた環境というものはいいものです。拘束される時間的な問題は別として。
 こんばんは久慈光樹です帰宅時間は出向時に比べ4時間ほど遅くなりました。


 さて、今日は私事でアレなんですけれども。

 うちの一浪スネカジリロクデナシである弟さまがどうやら大学受験に成功したようでありまして。
 一番早い時期に受けてあまり合格は期待していなかったところらしいのですが、まぁなんとか。
 今月いっぱいはまだ他校を受験するとのことで、どうなるかはわかりませんが、まぁ1校受かっているというのは安心材料ですな。

 ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私とは7年歳の離れているこの弟さまは昨年大学受験に見事失敗し、予備校生活を続けておりました。
 実家は長野県松本市であるにも関わらず、なぜか長野市の予備校に通いたいなどとぬかしやがりまして、ちょうど長野市で一人暮らしをしていた私のアパートにこの一年同居していた次第なのです。

 現在は受験のため実家に帰っておるのですが、まぁなんとか1校は合格できたので来年から私はまた一人気楽な生活に戻れるかな、と。
 とりあえず食費光熱費込みで一万しか宿主である私に収めないロクデナシでしたので(当然その金は親から出ているのですが)、私としてはいなくなった方が経済的には助かるのです。
 ちうかその一万も、私が弟から幾ばくかの借金(その…… 十万近く……)していたためにその返済に転用され、まったくもって私の手元には入ってこなかったというシマツ。どういうことなのでしょうか?

 しかし家政夫がいなくなるのはかなり残念な気もします。
 掃除に洗濯、晩飯に至るまでヤツは割と使える家政夫だっただけに、残念です。
 いったいこれから誰が家事をするのか?

 しかも今回受かった1校は京都にある大学であり、無賃宿として利用しようにも京都なんてそうそう行く用事ねぇわい。
 どうせなら東京の大学行って品川か目黒あたりに宿構えてくれれば、私としても出張の宿として最大限活用できるのですが。
 更には次に受ける学校が埼玉というのですからさっぱりです。埼玉ってどこの地方都市よ?(さり気に暴言)

 とりあえずヤツは心理学を勉強したいとかなんとかぬかしてやがりまして、その為には大学院に進まないといけないらしく。
 ちうことは何か? 最低でもあと6年はスネカジリっちうことか? このロクデナシが! だったらストレートで受かれっちうの!





 とかまぁ色々憎まれ口たたいてはいるんですけれどもやっぱりなんと言いますか一年とはいえ同居人だった者がいなくなりますと微妙にほんの少し寂しいような気がしないこともないような感じでありまして、なんでもないような風に上記では書いておりますけれども日曜日に親から弟の合格通知到着を聞きました時には8年前に自分が専門学校合格が決まったときよりも5年前に内定決まったときよりも遥かにに嬉しかったりそうじゃなかったりであったような気がしないこともなく、口では色々言いましたけれどもこの一年あいつはあいつなりに勉強を頑張っていたような気がしないこともありませんので誉めてやってもいいような気もするのですがどうせ電話口では「まぁよくやったよ、うん」としか言えない気がしないこともありませんがまぁそれはそれで仕方がない気もします。


 とりあえずまぁ、その、おめでとう。

 

2002年2月3日

ジャージ禁止!



 今日も今日とてこんばんは、久慈光樹です。

 12月1月と別会社に出向だった生活も、先週末で終了です。来週からはいつもの事業所で

「お願いです家に帰らせてくださいもうダメです風呂にも入ってないんです帰らせて帰らせて帰らせて……」

 という生活がまた始まるかと思うと期待で胸が張り裂けそうです。
 やってらんね。



 しかし悪いことばかりではありません。

 あの権堂駅周辺の腐れチャリンコ女子高生部隊に脅かされず出社できると思えば幾分心も癒されるというものです。
 商店街で危うく後ろからはねられそうになったことは心理的外傷と言わざるを得ません。

 だいたい何でヤツラは制服の下にジャージを着込んでいるのか?



 想像してみてください、ひざうえ10センチのスカートの下にジャージ。




 アホかお前ら!


 男のロマンちうもんを知れ!



 一緒に出向していた後輩に聞いたところ

「ああ、なんか流行ってるみたいっすよ、あれ」





 アホかお前ら!


 流行らすなそんなモン!




 ちなみに久慈のアパートの近くにある女子高ではそんな土着の風習はありません。
 そう言って後輩を問い詰めたところ


「女子高はきっと校則厳しいんですよ。それより久慈さんそんなに興奮しないで下さい」

 


 やかましいわ

 




 ジャージすね横のチャックを全開にして、そこからルーズソックスなんて覗いてるんですよ?! なんじゃそりゃぁ!!

「いいんですよ寒いからきっと」

 などと後輩は言うのですが私的にはまったくもって納得できません。不可。



 というわけで、これをご覧になっている長野の女子高校生各位に伝達。


 制服のスカート下にジャージは禁止!

 

 

本日の迂闊さん

[1/22 00:46]いぬい :はじるすに限らず、炉系えちゲの声優はちゃんと子役を起用して欲しい。それでこそ真のリアリティ。

[1/22 00:47]久慈光樹:(いや、ダメだろ……) >子役
[1/22 00:57]冬御  :(ダメですな…) >子役
[1/22 00:57]K−5 :(ええ、ダメですよねぇ……) >子役
[1/22 10:42]ステア :(わたしも突っ込んでおこう) >子役
[1/22 20:07]おかざき:(やっぱまずいって)>子役

 

 

line.gif (2120 バイト)

 

back_L.gif (443 バイト)