追試
2003年2月6日 0:47:08 試験に遅刻した者 

「あら香里さんいらっしゃい、名雪なら部屋にいると思うわ」
「失礼します。 まったく、まだ寝てるんじゃないでしょうね……」

 そして名雪の部屋の前。ノックしようとした香里の手が止まる。部屋から微かに名雪と、そして祐一の声が聞こえてきたから。

「あっ、だ、ダメだよ祐一、そんなにしたら……」
「ちょっと強引なくらいがいいんだ」
「(?)」
「あっ! い、いたい!」
「おっと、少し強すぎたか?」
「ひどいよ祐一、極悪人だよ」
「(な、なにをしているのかしら……)」
「ああっ! そ、そこは……!」
「ここか? ここがいいのか?」
「だ、だめ、だめ……」
「(な、なにを……)」
「ああああ! いやああっーー!」

バン!

「ちょっとあなたたち、なにしてるの!」

「……」
「……」
「……」

「……って本当に合体してるんじゃないわよっ! お約束はどうしたのよっ!」


 知るか。

 

 

<戻る>