連作『電話』

−恋人−

 

 

「はい、七瀬です」

「……は?」

「ぐっ! しつこいわねあんたも!」

「いい加減にしないと……って、え?」

「……こ、浩平?」

「……じゃあさっきの電話も?」

「あ、あんた普段もこんなことしてるんじゃ……」

「……ホントでしょうね?」

「まあいいわ、信じてあげるけど、もうやめてよね」

「どうだか、まっいいわ、で? なに?」

「うん」

「あさって? 休みだけど」

「う、うん、そりゃ構わないけど……」

「え? う、ううん、そうじゃないの、ただ……」

「浩平が誘ってくれるのなんて珍しいから、どうしたのかなって」

「え?」

「う、うん」

「……そうなんだ、真希が……」

「全く、あいつめ……」

「う、ううん、迷惑なんてそんなことないよ」

「……」

「嬉しい……」

「…すごく……嬉しい…」

「……」

「な、なによ、何か言いなさいよ」

「う、うっさいわね! 私だってそう思うわよ!」

「ふん! あさって遅刻すんじゃないわよ!」

「はいはい、そうね」

「何年付き合ってると思ってんのよ、あんたの思考パターンなんてね、お見通しよ、お見通し!」

「ぐっ、そ、そりゃあたまには騙されるけど……」

「だ、だいたいね! あんな電話を悪戯でもしようとするような精神構造…… あっ、ちょっと待ちなさいコラ!」

「……まったくもう!」

 

「……真希に借りができちゃったわね」

 

 

<戻る>