でもやっぱりネコが好き!

2000/05/12 久慈光樹


 

 

 

 ある日、学校から帰ると猫がいた。

 

 俺のベッドの上に鎮座する猫。

 でかい。

 でかいにもほどがある。

 

 よく見ると、名雪だった。

 バカデカイ猫の着ぐるみを着て、ベッドの上でじっと俺を見つめる。

 なんというか

 死んだ魚のような目だ。

 

「名雪、お前……」

「マンチェスター」

「な、なに?」

「マンチェスター」

 

 無表情で、その言葉を繰り返す名雪。

 

 まんちぇすたー?

 えーと……

 着ぐるみの名前だろうか?

 

 猫の名前がマンチェスター?

 どういうセンスなのか。

 猫の名前がマンチェスターなど、非常識にもほどがある。

 

 

 ……

 

 いや! まて!

 そんなことはこの際問題ではない。

 この状況で、着ぐるみの名前がマンチェスターだろうとモンゴメリーだろうと、そんなことは問題ではないのだ。

 問題は。

 なぜ名雪が猫の着ぐるみを着て、俺の部屋のベッドの上に乗っているのかということだ。

 

 必死で考える。

 名雪が猫好きだから?

 いや、そういう問題じゃない。

 猫好きにもほどがある。

 人間、超えてはならない一線というものは確かに存在するのだ。

 それとも嫌がらせだろうか?

 俺、何か名雪を怒らせるようなことしたか?

 

「にゃーー ごーー」

「ひっ!」

 

 無表情で鳴く名雪。

 

 ちくしょう! 嫌がらせだな? 嫌がらせなんだな?

 嫌いか、そんなに俺のこと嫌いか!

 ちくしょう! かかってこいやぁ!!

 

「うなぁーーー!」

「ひぃっ!!」

 

 

<おしまい>

 

 

 教訓:

 オチはきちんと考えてから書き始めましょう。