「おねーちゃん、おねーちゃん!」

 

「わっ! びっくりした。いきなり抱きつかないでよぉ」

 

「えへへへ」

 

「どうしたのー、しおり」

 

「えへへへ、おねーちゃん、おねーちゃん」

 

「もー、しおりは甘えんぼさんなんだから」

 

「おねーちゃん、だいすき!」

 

「あははは、おねーちゃんもしおりのことだいすきだよ」

 

 

「しおり、ずっといっしょにいようね」

 

「おねーちゃんと、ずっと、いっしょに……」

 

 

 

 


異能者

<第二十三章>

−生を司るもの−

2001/10/12 久慈光樹


 

 

 

「香里!」

 

 まるで力尽きたように。

 その場に倒れ込む、香里。

 

「……!」

 

 ペルソナは叫びこそ上げなかったが、噛み切るように強く唇を噛みしめながら、香里に駆け寄る。

 

「どいて!」

 

 香里を抱き起こそうとする祐一を突き飛ばすように下がらせる。

 自らの服を引き裂き、未だ溢れるように出血を続ける香里の右胸に押し付ける。

 止血、そして気道の確保。

 恐らく栞に応急処置の心得があるのだろう。そして栞の知識と肉体を共有するペルソナは、相変わらず唇が裂けんばかりに噛みしめながら、無言で処置を続ける。

 

「……しお、り?」

 

 未だ意識があることは、驚くべきことだったろう。

 致命傷を負いつつ、“死の奥義”を発動したのだ。普通ならそのまま即死してもおかしくはない。

 それは『死神』美坂香里が『美坂家』歴代の当主中でも傑出した異能者であるという証だったろう。

 だが、それも限界だった。

 

 妹以上に蒼白な顔色で、香里は妹の名を呼んだ。

 

「喋っては駄目!」

「ああ、あなた、か」

 

 まるで霞む目を凝らすように細めると、すぐに栞がペルソナだと気付いたように、香里はそう言った。

 その声は非常に弱々しかったが、そこに失望の色は無かった。

 

「……ごめんね」

「え?」

 

 香里の言葉がよほど意外だったのか、ペルソナは一瞬、手を止めた。

 

「あなたも……栞なのだものね……」

「私、ひどい姉ね……あなたを否定しかしなかった」

「…あなたも……大切なわたし…の……いもうと、な…のに……」

 

「あ、ああ……」

 

 その言葉に、ペルソナの瞳から一滴だけ涙が零れた。

 わなわなと振るえる唇。だがすぐにその唇を噛みしめ、応急処置を続行する。

 いま自分がやらねばならぬことは何か、知っているかのように。

 

「私、が…いなくても……栞もあなたも、平気…よね……」

「もう喋らないで!」

 

 呟きつづける言葉と共に、傷口から血が溢れる。

 だが香里はペルソナの叫びが聞こえていないように、呟きつづける。

 事実、もう何も聞こえないのだろう。

 

 誰が見ても。

 

 明らかに、手遅れだった。

 

 

「しおり…しおり…… 私の大切な…いもうと……」

 

 徐々に、香里の呟きは意味をなさぬものになってゆく。

 

「しおりは……甘えんぼさん…なんだから……」

 

 既に目も見えないのだろう。

 焦点を失った目で、呟くように、まるで熱にうなされるように話しつづける香里。

 

「喋らないで!」

 

 ヒステリックに叫び、処置を続けるペルソナ。

 

「おねーちゃん…も……しおりのこと……だいすきだ…よ」

 

 がたがたと震え、がちがち歯を鳴らしながら、それでもペルソナは手を休めない。

 

「喋らないで! お願いだから!」

 

 押さえても押さえても溢れ出てくる姉の血を、必死に拭いながら、ペルソナは手を休めない。

 

「ずっと…いっしょに…いよう……ね」

 

 香里の呟きが、徐々に、小さくなってゆく。

 

「どうしてっ! どうして血が止まらないのよっ!!」

 

 徐々に、徐々に。

 聞き取れなくなってゆく。

 

「……おね…ちゃん……と………ずっと…い……しょ…に……」

 

 呟きが、どんどん小さくなって。

 脈打つように吹き出していた真っ赤な血は、まるで流れ尽くしたかのようにその勢いを弱めてゆく。

 

「ちくしょう! ちくしょう! ちくしょうっ!!」

 

 ペルソナはもう半狂乱だった。

 

 

 そして。

 かたかたと、香里の身体が小刻みに震えはじめた。

 

「いや…… 死ぬのは…いやよ……」

 

 目を見開き、瘧のように震えながら、そして最後の力を振り絞るように、言葉を吐き出す香里。

 それを聞いたペルソナも、痙攣するように震える。

 

「いやよ…しおり……しおり……」

「…しにたく……ないよ……」

「……しお…り………と……ず…と……」

 

「…………いっしょ…………に……」

 

 

 そして。

 

 

 

 

 香里の身体から、震えが消えた。

 

 

 

 

 

「え…… ねえ、ちょっと……」

 

 それに気付いたペルソナが、恐る恐る、姉に声をかける。

 

 だが。

 

 

 応えは無かった。

 

「ちょっと、ねえ! ねえってば!」

 

 応えは無かった。

 

「ねえ、返事してよ! なに寝てるのよ!」

 

 

 応えは。

 

 無かった。

 

 

 

「栞、もう……」

 

 姉の身体を揺すり続ける姿を見かねたのだろう、ずっと傍らで見守っていた祐一が、そう声をかけた。

 

「もう、亡くなった」

 

 その言葉に、ペルソナはゆっくりと振り返る。

 そして、唐突に立ちあがると、祐一に掴みかかった。

 

「ふざけたこと言わないでよ!」

「し、栞ちゃん!」

 

 慌てて止めようとするあゆを振り払い、祐一の胸倉を掴む。

 祐一は、負傷した個所に激痛が走るのを耐えながら、されるがままになってた。

 

「あの人が、『死神』美坂香里が死ぬわけない!」

「栞ちゃん、もうやめて、やめてよぉ……」

「うるさい! うるさい! うるさい!!」

 

「栞!」

 

 されるがままになっていた祐一が、叫ぶ。

 そして掴みかかる彼女の両肩を掴み、ゆっくりと、まるで言い聞かせるように、告げた。

 

「香里は、死んだんだ」

「……」

「死んだんだ」

「……うそよ」

「嘘じゃない、もう香里は…… いないんだ」

 

 その言葉を聞いた途端、栞は、そのペルソナは、崩れ落ちるように気を失った。

 

 

 

 

 

 

 

 なにも無い世界だった。

 

 生ける者の息吹も。

 空も、大地も。

 光も、闇も。

 

 なにも、無かった。

 

 

 

 そこに彼女はいた。

 

 目を瞑り、口を閉じ、耳をふさぎ。

 膝を抱えて、そこにいた。

 この何も無い世界で、全てを拒絶して、ただ、存在していた。

 

 

 栞だった。

 

 

 ずっとそうしていたかった。

 ずっとそうしているつもりだった。

 それだけが、望みだった。

 

 だがそんなささやかな望みを、邪魔する者がいた。

 

「いつまでそうしているつもり?」

 

 いつのまに現れたのだろう。

 うずくまる栞の背後に、少女が立っていた。

 

「そうやって、目を閉じて、口を閉じて、耳をふさいで」

 

 苛立たしげな口調。

 栞を詰問する少女もまた、栞だった。

 いや、より正確に言うのならば。

 栞の、ペルソナだった。

 

「いつまで、ここにいるつもり?」

 

 栞はペルソナのその詰問に応えようとしない。

 耳をふさぎ、ただじっと俯いている。

 まるで、そのまま消えてしまう事を願うように。

 

「美坂香里は…… 死んだわ」

 

 びくり!

 

 初めて、栞が反応した。

 

「私たちの、身代わりになって」

「……ひっ…ふぐっ……」

「死んだの」

「…ひぐっ……おねえちゃん……おねえちゃん……」

 

 耳を覆っていた手を、両目にあてて。

 まるで幼子のように泣き出す栞。

 ペルソナはそんな栞をまるで無機物を見つめるように、何の感情も感じさせぬ視線で見やる。

 

「彼女に、会いたい?」

「……ひぐっ……おねえちゃぁん……」

「もう一度、会いたい?」

「会いたいよ……おねえちゃんに…会いたいよ……」

 

 なんの感情も見えない瞳で、ペルソナは泣き続ける栞を見つめつづける。

 何も無い空間に、栞の嗚咽だけが響いていた。

 

 

 どのくらいそうしていただろうか。

 ペルソナが、ぽつりと呟くように、囁くように、言った。

 

「『美坂家』生の奥義」

「ひっ!」

 

 その一言が栞にもたらした変化は、劇的だった。

 涙でぐちゃぐちゃになった顔を歪め、がたがたと震え出したのだ。

 

「本当はあなたもわかっていたのでしょう?」

「いや、いや……」

「まだあの人を救う術があることに、気付いていたのでしょう?」

「いや、いやぁ!」

 

 まるでペルソナの言葉から逃れるように、再び両手で耳を覆い、激しく首を左右に振る。

 

「死の奥義、その対極に位置する、生の奥義」

「いやだ、いやだ……」

「『美坂家』初代以来、途絶えてしまった生の奥義」

「いやだよぉ……」

「あの“力”を用いれば、あの人を…… 美坂香里を甦らせることができる」

 

 独白するように語を接ぐペルソナ。

 

「無理だよぉ…… 私には、無理だよぉ……」

 

 それに反応し、首を振りつづける栞。

 

「死ぬのは嫌……」

 

 うわ言のように、呟きつづける。

 

「殺すのは嫌」

「力を使うのは嫌」

「嫌われるのは嫌」

「嫌うのは嫌」

 

「生きるのは…… 嫌」

 

 

 その言葉を聞いた途端、今まで何の感情も見出せなかったペルソナの瞳が、燃え上がった。

 

甘ったれるな!

 

「ひっ!」

 

 耳をふさいでいた栞の右腕を、掴み上げた。

 怯える栞。だがペルソナは激しい怒りに我を忘れたかのように、叫ぶ。

 

「あんたが、私が、やらなくちゃ、美坂香里は本当に死ぬんだよ!」

「あの人と、もう二度と会えなくなっちゃうんだよ!」

 ・・・・・・
「おねえちゃんが、死んじゃうんだよ!」

 

 おねえちゃん。

 

 その言葉に、はっと、ペルソナを見上げる、栞。

 

「あ……」

 

 泣いていた。

 栞と同じように、涙で顔をぐちゃぐちゃにして、その少女は泣いていた。

 

「いやだよぉ、おねえちゃんといっしょにいられないなんて、いやだよぉ」

 

 そこにいたのは、幼い頃の、栞だった。

 彼女を責め苛む存在だったペルソナの姿は、いつしか幼い頃の栞の姿に変わっていた。

 

「おねえちゃん、おねえちゃぁん」

 

 泣きじゃくる、幼い自分。

 

 

 ああそうだ、思い出した。

 

 栞は、その姿を見て思う。

 

 私はいつも泣いてばかりだった。

 両親に叱られたとき、友達に意地悪されたとき、可愛がっていた小鳥が死んだとき。

 いつも、泣いていた。

 そんな私をいつも慰め、元気付けてくれたのはお姉ちゃんだった。

 時に優しく、時に厳しく。

 お姉ちゃんは、いつも私を見守ってくれていた。

 ずっとずっと、生まれたときからお姉ちゃんと一緒だった。

 

 死ぬのは怖い。

 力を使うのは怖い。

 そして何より。

 

 生きるのは、怖い。

 

 だけど。

 

「お姉ちゃんに、もう一度、会いたい」

 

 

 

 『美坂家 生の奥義』

 死の奥義の対極に位置する、もうひとつの“力”。

 『美坂家』は死を司るとされている。それは正しかったが、事実の全てを表しているわけではなかった。

 『美坂家』が真に司るは“死”、そして“生”。

 生があるからこそ死があり、死があるからこそ生がある。光と陰が互いに対になるように、生と死は表裏一体の存在であるのだ。

 死の奥義があれば、生の奥義もある。

 死の奥義は対象者に絶対的な“死”を与える力であり、生の奥義は“生”を与える力。

 その力は絶対であり、例え“生”を失った存在であろうとも、強制的に再び“生”を付与する。

 つまり、生き返るのだ。彼女たちの目の前で死んでしまった姉を、蘇らせることができるのだ。

 だが先ほどペルソナが言ったように、生の奥義は『美坂家』初代を最後に喪われた存在だった。

 奥義それ自体は伝承されている。直系女児である栞も、発動は可能だろう。

 ではなぜ喪われた存在とされているのか。

 それは、初代以降、何人も成功した事例が無いからだった。

 死の奥義同様、発動者の生命と引き換えになる可能性が高いばかりでなく、生の奥義は効果が発動すらしなかったのだ。

 

 今までは。

 

 

 栞は、一度も試したことがないそれを試すことが怖かった。

 失敗したとき、いや、万が一成功したとしても、自分が死んでしまうことが怖かった。

 自分の持つ異能力が怖かった。

 自分の持つ異能力で、他者を殺傷してしまうことが怖かった。

 

 だが、いま一番怖かったのは。

 姉を蘇らせられるたった一つの可能性を、自ら無に帰してしまうかもしれないという事だった。

 

 だから可能性がまだ残されていることを知りつつも、この場所で膝を抱えていただけだった。

 だが……。

 

「おねえちゃん、おねえちゃぁん……」

 

 泣きじゃくる幼い自分。

 いつも慰めてくれた姉は、いない。

 

 今ここに居るのは、姉に比べれば遥かに頼りない自分だけ。

 いつも泣いてばかりいた自分だけ。

 

 幼い頃に比べ、体だけは大きくなった。身体だけは成長した。

 だが果たして、心は成長しただろうか?

 

 いつも助けてくれていた姉を、今度はこの頼りない自分が助けねばならない。

 果たして、そのようなことが本当に可能だろうか?

 

 

「おねえちゃんに、あいたいよぅ……」

 

 泣きじゃくる幼い少女の声。

 

 できるかどうか、わからない。

 でも、やらなくてはならない。

 

 だって私も同じだから。

 眼前で泣きじゃくる幼い少女と、思いは同じなんだから……。

 

 

 “死”は、滅多なことで覆るほど甘いものではない。

 全てを代償に投げ打ったとしても覆らぬほどに、“死”とは、そして“生”とは、重いものだ。

 生と死を司る『美坂家』の出である栞だからこそ、その事実は身に染みていた。

 

 チャンスは一度だけ。

 そして、必ず自分も生き残らねばならない。

 例え成功したとしても、自分が死んでしまったら意味が無い。姉といつまでも一緒にいられないのなら、同じ事なのだから。

 

 

「行こう?」

 

 少女に向けて、手を伸ばす。

 

「ひぐっ、ううっ」

 

 泣きじゃくる少女。だが栞は急かすことなく、手を差し伸べ続ける。

 少女が自分の意志で、差し伸べた手を掴むことを待ちつづける。

 

「お姉ちゃんに会いたい?」

 

 先ほどペルソナがした問いと、まったく同じ言葉。

 

「お姉ちゃんに、もう一度会いたい?」

「あいたいよぉ、おねえちゃんに、あいたいよぉ」

 

 泣きじゃくる少女が返した応えも、先ほどの栞とまったく同じ。

 同じ問い、同じ応え。

 

 当然だ。

 

 2人とも栞なのだから。

 泣きつづける少女も、手を差し伸べる少女も。

 2人とも、美坂栞なのだから。

 

「だったら、会いに行こう?」

「……おねえちゃんに、また、会えるの?」

 

 真っ赤に泣きはらした縋るような目を、栞に向ける少女。

 その視線を受けて栞は。

 

 まるで彼女の姉のように優しく、微笑んだ。

 

 

 手を差し伸べる少女と、その手を掴もうとする少女。

 2人の栞の手が。

 ゆっくりと、繋がれた。

 

 

 

 

 

 

 栞が失神していたのは、時間にして5分にも満たなかった。

 

「あっ!」

 

 突然跳ね起きた栞に、あゆと祐一は驚く。

 

「し、栞ちゃん…… 大丈夫?」

「あゆさん! お姉ちゃんを蘇らせます!」

「お、おい、栞」

 

 その言葉に、祐一とあゆは絶句する。

 栞が正気を失っていると思ったのだ。

 そして同時に、その様子にも驚いていた。

 口調や仕草を見るに、いま表面に出てきているのはペルソナではない栞だろう。

 だがその瞳にある、揺るぎない意思と決意はどうだ。それは今までの、あのどこか怯えたような栞の視線とは全く違うものだった。

 

「説明している暇は無いんです!」

 

 動揺する二人に構わず、既に事切れた姉の亡骸に歩み寄る。

 

「邪魔だけは、しないでください」

「う、うん」

「わ、わかった」

 

 眼光に気圧されるように頷く。

 

「……お姉ちゃん」

 

 呼吸を止めた姉を見て、ぽつりとそう呟く。

 そして、瞳を閉じた。

 

「わっ!」

「こ、これは」

 

 急激に高まる異能力と共に、栞の体を眩い光が包む。

 姉である『死神』美坂香里が“死の奥義”を発動した際に感じた、あの凄まじい異能力の高まり。それを更に凌ぐほど、栞の異能力は高まっていた。

 『命喰い』美坂栞が異能力を行使する様を幾度か目撃している祐一だったが、いまの栞は段違いだった。

 

「これが…… 栞の、真の実力なのか」

 

 

 まだだ。まだ、足りない。

 

 既に限界は超えていた。

 だが、まだ足りなかった。

 

 まだこの程度では駄目だ。もっと、もっと、力を高めなくては。

 

 身体の各所に耐えがたい苦痛が走る。許容量を超えるほどに高められた異能力が、自身の身体を軋ませる。

 普段の栞であったら、決して耐えられなかったろう。だが、栞は耐えた。

 きつく結んだ両目には、姉の笑顔が浮かんでいる。

 

 この笑顔を再び見るためだったら、耐えられる。

 

 噛み破いた唇を、血が伝う。

 既に祐一たちが栞を直視できないほどに、栞を包む光は激しくなっている。

 

 そして……。

 

 栞が目を、開いた。

 

 

 

「『希望の生樹』(ユグドラシル)!!」

 

 

 光が、弾ける。

 

 大地に横たわる香里の骸を、眩い光が包む。

 同時に、栞の身体の奥深くから、温もりと共に“何か”がごっそりと削り取られていく。

 

「くぅ……」

 

 身体の芯から凍えるような寒さが、栞を包む。

 だが、構わず力を放出し続ける。

 

「お姉ちゃん……」

 

 そして、栞は叫んだ。

 

 

 

還って来なさい!

 

 

 

 最後に全ての力を振り絞って。

 

 栞の意識は、そこでぷっつりと断ち切られた。

 

 

 

 

 意識を失う寸前。

 

 

 大好きだった、姉の笑顔を見たような気がした。

 

 

 

 

To Be Continued..