遠坂凛の金属バットな日々

−凛、体育祭を満喫するの事−
その5

2004/7/19 久慈光樹


 

 

 

「女に二言はありません、楽しんでくればいいんです、ええそうですとも、私なんて置いて衛宮先輩とふたりっきりでデートなんてしてきちゃったらいいんです。夜の夜景は綺麗ですか? 部屋を取ってあるんですか? そのままふたりでラブゲッチュですか? しくしくしく……」

 

「ええい! うっとおしい!」

 

 帰り道、しくしくと泣く桜と並んで歩く凛。少し後ろには士郎とセイバーとアーチャー。

 夕焼けが綺麗だった。

 

「あんたメチャメチャ未練たらたらじゃないのよ」

「ふんだ、いいんですいいんです、遠坂先輩は私なんかどうでもいいに違いないんです」

「ああもう!」

「おいおい遠坂、桜をあんまりイジメるなよ」

「イジメてない!」

「まったく、凛は忍耐が不足しています」

「うむ、凛はまず小魚を摂取すべきだ」

「やかましい!」

 

 騒々しい夕焼けの帰り道。

 こんな騒がしい日々がずっと続いて、この夕焼けの帰り道を、ずっと並んで歩いていけたらいいな。

 ふと、そんな“らしく”ないことを思った。

 

 

 

ありがとね、桜』

 

 確かに発しようとしたその言葉はでも、口から外に出ることなく風化して消える。だが確かにそれは胸の中に留まって、ぽかぽかと凛の身体を暖かく包んでくれるのだ。

 

『あんたが怒ってくれなかったら、私はまた諦めてた』

 

 リレーで一着になれたことが嬉しいわけではない。

 桜が、妹が、自分を叱ってくれたということこそが、嬉しい。

 

「ねえ、桜……」

 

 そんなことを、考えていたからだろうか。

 『ありがとう』と言うよりも、もっと恥ずかしい言葉が、口をついた。

 

 

「今度いっしょに、ピクニックにでも行こっか?」

 

 

 口に出してから、我に返った。

 桜だけではなく、傍らの士郎も目を丸くしている。

 自分が口にしてしまった言葉の意味を、ゆっくりと浸透するように理解して。

 そして凛は、真っ赤になった。

 

「い、いや、別に他意があるわけじゃなくてね? そ、その、たまにはいいかなーとかね、その……」

 

 耳まで真っ赤になって、しどろもどろで。

 こんなのちっともわたしらしくないっ! と内心で自分を怒鳴りつけてみても、舌はいつものようにまわってくれないし、火照った耳はちっとも冷めてくれない。わたわたと両手を振って「今の無し!」とばかりに必死になって否定している自分が滑稽で、凛は泣きたくなった。

 

 だがそんな凛に。

 桜は、にっこりと優しく微笑んで――

 

 

「遠坂先輩、頭でも打ったんですか?」

 

 あくまで、いい笑顔で言い切った。

 

 

「台無しだっ!」

「懐柔策ですかっ! 見損ないました姉さん!」

「なっ、わ、わたしは別に……」

「ふんっ、やれやれ。だいたい姉さんは態度デカイんです!」

「うっ……」

「デカイのはお尻だけにしておいてください」

「あんたが言うなーーっ!」

 

 唖然とその様子を見守っていた士郎だったが、ふと桜の台詞が気になり、愚かにも口を挟む。

 

「ん? 桜、いま『姉さん』て言わなかったか……?」

「言ってません」

「いや確かに『姉さん』て……」

「言ってませんたらっ!」

「そ、そうか、それならいいんだ。まぁ遠坂のお尻が大きいのは今に始まったことじゃないしな」

「関係ないでしょうがーーっ!」

 

 唸る金属バット。「結局最後はこういうオチかよーっ!」という断末魔を残し、衛宮士郎沈黙。

 

「はぁ、はぁ、はぁ……」

「り、リン、そんなフルスイングしなくても…… まぁいつものことですが」

「いいのよこんなヴァカ!」

「ふふん」

「あんたも笑ってるんじゃないアーチャー!」

「ぐわっ!」(やつあたり)

 

 阿鼻叫喚である。

 

 

「ふふふ」

「なによ桜! あんたも殴られたいわけっ?!」

「懐柔されてあげます」

「え……?」

「ですから、ピクニックで懐柔されてあげます」

 

 目を見開く凛に、今度こそにっこりと桜は微笑む。

 その笑みは、凛の負い目も、ためらいも、そして少しばかりの打算も、すべてを優しく包み込んでくれるような。そんな笑みだった。

 

 不意に涙がこぼれそうになって、慌てて夕焼けを見るふりをして顔を上げた。「夕焼けきれいねー」なんてとってつけたような台詞、自分でも不自然極まりないと思ったのだけれど。

 桜も、士郎も、セイバーもアーチャーも、何も言わなかった。

 

「うん、行くわよ、ピクニック!」

 

 やがてそう言い放つ凛の顔にも、いや、士郎とセイバーと、そしてアーチャーの顔にすらも。

 桜のそれのような、優しい笑みがいつしか浮かんでいた。

 

 

 

おしまい

 

<シリーズとしてはつづきます>