【風の歌う丘】


   見下ろす街並み 行き交う笑い声
   喧噪は遠くて 草に身を委ねるだけ
   忘れゆく想いと 募る憎しみは
   この身を蝕む ただ逢いたい一心で

   よみがえる 鈴の音の記憶
   感じられる あの人の空気

     風は歌う 草と共に歌う
     教えてくれる 星の息吹を
     この丘から あたしは巣立つ
     知らぬ運命に 生命燃やすために
     風は送ってくれる

   あたたかな家族 みんなの笑い声
   憧れは近くて 優しさに囲まれている
   消えゆく憎しみと 懐かしい想いは
   心を癒やしてくれる あの人がいれば

   失ってゆく 言葉や感覚
   幸せの崩壊 迫る別れ

     風は歌う 街と共に歌う
     教えてくれる 生きる喜びを
     あの丘へと あたしは還る
     儚い生命 煌めかせるために
     風は迎えてくれる

     風は歌う 丘と共に歌う
     教えてくれる 帰るべき場所を
     あの家へと あたしは目指す
     もう ひとりじゃないよと諭すように
     風は微笑んでくれる

 

 

<戻る>