【夢の夜明け】


   自分の笑顔 なぜか悲しい
   目の前の幸せは 近くて遠い
   明けぬ夜に 怯える少女
   来ぬ人を待つ儚さ 誰も気付いてくれない

   家族の暖かさ あの人の温もりに
   恐れを忘れ 夢は深まる この幻に

     笑顔の向こうに 眠っているものは
     誰も知らない 見つからぬ捜し物
     ボクのお願いは あの人の幸せ
     暗く深く 今も人知れず
     届かぬ想い 抱きしめて

   笑顔それは 自分という証明<あかし>
   あの人がそばにいて 嬉しくて悲しくて
   想い出の中の ふたつの約束
   暖かいのに幸せなのに なぜ涙止まらないの

   確かに知ってる 現実は残酷で
   涙のお別れ会 引き裂かれる痛み 手放した幻

     夕暮れの商店街 必ず最後は笑顔で
     明日の再会を ずっと約束してた
     ボクたちの学校 再会はこの場所で
     夜明けまだ来ない 埋もれたまま
     消えゆく笑顔 儚くて

   ボクの捜し物 三つめのお願いは
   幸せを見つけて そして最後に 忘れてください

     ボクの温もり あの人は感じてくれた
     まだ一緒にいたいよ それが本当のお願い
     輪廻の夢から目覚め 季節のないこの部屋で
     笑うあの人 眩しくて嬉しくて
     奇跡のかけら そっと抱きしめた

     夜はゆっくりと でも確実に
     いつかきっと 明けるものだから……

 

 

<戻る>