第71崩壊【カノエア】

  雪が降っていた。
  灰色に曇った空から、白い雪がヒラヒラと舞い降りてくる。
  この街にとっては冬に雪が降ることなど珍しくも何ともない。
  数年ぶりに訪れた街。
  駅前の時計塔を見上げると、もう3時を示していた。

 祐一「……遅い」

  最初は物珍しかった雪も、いまはただ鬱陶しかった。
  相変わらず人々を噴き出し続ける改札口を見、俺は深く溜め息を吐いた。
  それもすぐ北風に流され、彼方へと消えてゆく。
  俺はこんな場所で、いったい何をしているのだろう。
  何を待ち続けているというのだろうか。

 祐一「ラーメンセット、ひとつ」

 祐一(……違う)

  思考が一瞬、異世界へと飛んでしまったような気がする。
  コートや鞄に積もった雪を振り払って、俺は居住まいを正した。
  もう一度、溜め息。目で追った白の向こうに、ふと女の子が見えた。

 少女「……雪、積もってるよ」
 祐一「そりゃ、ずっと待ってたからな」
 少女「もしかして、14時間も?」  
 祐一「そのギャグは使用済みだ!」
 少女「わ、びっくり♪」

  言葉とは違って、抑揚のないのんびりとした声。
  確か、7年前もこうだった気がする。目の前の少女は。

 少女「ねぇ、ひとつ訊いてもいい?」
 祐一「あぁ」
 少女「寒くない?」
 祐一「正直言って、寒い」
 少女「じゃあ、コレあげる……はいっ♪」

  昔と変わらない笑顔で、飲み物を渡される。
  それは暖かくも冷たくもない、生暖かな温度をした紙パックだった。
  思わず、ラベルを見る。見ずにはいられなかった。


  『 濃厚ドロリシリーズ −ピーチ味− 』


 祐一「……」
 少女「遅れたお詫びだよ」
 祐一「………」
 少女「それと、再会のお祝い」
 祐一「…………」

 祐一「7年ぶりの再会が、この仕打ちか?」
 少女「そっか、もう7年も経つんだね」

  聞く耳持たないのか、俺の文句が少女の意識に届くことはない。
  完全に自分の世界に浸りながら、人懐っこい笑顔を俺に向けてくる。

 少女「わたしの名前、まだ覚えてる?」
 祐一「神尾晴子」<冗談

 少女「――それ、お母さんの名前だよ〜っ!!」


 祐一「ななな、何ですとぅっ!!?」



  ……翌日、その街に俺の姿はなかった……。<海外直行



第72崩壊【現実逃避】

 あゆ「…約束、だよ」
 祐一「あぁっ、約束だ!」
 あゆ「………」
 祐一「ほら、指を切らないと、指切りにならないだろっ!?」
 あゆ「………」
 祐一「指を切らないと、指切りに…ならない…」
 あゆ「………」
 祐一「あゆっ、あゆ…あゆーーーーーーっっ!!!」

  …………

  ………

  ……

 祐一「そうか、この大木は…きっと、伝説の『世界樹』なんだ!」
 あゆ「………」
 祐一「待ってろよ、いま世界樹の葉を…って、その前に冬だから散ってるし!!」


  ――第一、それ以前に高所恐怖症だし…。



第73崩壊【さらば北川】

 祐一「そう言えばさぁ」
 北川「何だ、相沢」
 祐一「お前、アニメ最終回で“CLANNAD”のシャツ着てたろ」
 北川「…ギクッ」
 祐一「そんなに『スノハラ君』になりたいのか?」
 北川「あ、あれは…ちょっと、宣伝を頼まれてな」

 祐一「そっか。トレード決定♪」

 北川「えっ…俺たち、親友だろ?」
 祐一「そうだっけか?」
 北川「天使の人形だって、俺が見つけ出したんじゃないか!」
 祐一「出番の少ない親友よりか、悪友の方が重要度は高いよなぁ…」


  例1: 折原 ○平 + 住○ 護
  例2: 美坂 香里 + 水瀬 名雪


 北川「うわ、ひでぇ…」
 祐一「フッフッフ…勝ったな!」
 北川「っつーか、美坂と水瀬ってどういうことだよ!!」
 祐一「関係ない。お前は安心してアンテナ切って七三分けにしてろ」
 北川「うわ、鬼だよコイツ…」

 香里「ちょっと、説明してもらおうかしら?」
 名雪「それによっては、謎ヂャムの餌食になってもらうよ」

 祐一「あぁ、アレ提示したの北川だから♪」
 北川「――やっぱ鬼だよ、アンタ!!」

 香里「どうやらメリケンサックの味、試してみたいようね…」
 名雪「お母さん直伝の殺人ヂャムの威力、ようやく発揮できるんだね!」<じ、直伝…


 北川「ひぇああああああぁぁぁっっ!!!」


 祐一「親友のよしみだ、助けてやろうか」
 北川「えっ? 本当か、本当に助けてくれるのか!?」
 祐一「何言ってんだ…“親友”だろ?」
 北川「あいざわ〜〜〜っ!」

 祐一「てなワケで…出番だぞ、栞ッ♪」
 栞 「はいっ♪」

 北川「――へっ?」


  …バフッ!


 祐一「おぉ…」
 栞 「はい、北川さんは消えてしまいました〜っ♪」
 祐一「永遠の世界で、いつまでも幸せにな」
 栞 「祐一さんも入ってみます?」
 祐一「いや、遠慮しておくよ」
 栞 「そうですか…」

 名雪「わ、栞ちゃんのストールって凄いんだね♪」
 香里「おかしいなぁ、あたしが編んだときには正常だったのに…」

 祐一「…何だ、退屈そうな顔して?」
 栞 「あのぅ、やっぱり…お姉ちゃんの方が、閉じ込め甲斐があるなぁ…って…」
 祐一「だそうだが…香里、また入ってみるか?」

 香里「…そっ――」


  『それだけは、イヤ〜〜〜ッッ!!!』<本気



第74崩壊【誰もが一度は想像】

 祐一「よぉ、不審人物」
 あゆ「遅い、遅すぎるよ!」
 祐一「ハハハッ、悪い悪い♪」
 あゆ「うぐぅ…それに、ボクは不審人物じゃないよっ」
 祐一「どっからみても不審な人だぞ」
 あゆ「そんなに変かな…この帽子って」
 祐一「一体、どうしたんだ?」
 あゆ「…笑わない?」
 祐一「あぁっ、絶対に笑わない!」
 あゆ「本当の本当に?」
 祐一「コレでも約束は守る方だ」
 あゆ「だったら――」


  …スッ。帽子を取る。


 祐一「………」
 あゆ「…………」

 祐一「………」
 あゆ「…………」


  …ポフッ。帽子を被せる。


 祐一「サッカー選手になれるんじゃないか? あと、宣教師とか」
 あゆ「…ぜ、絶対に言うと思ったよぉっ!」
 祐一「大丈夫だって、約束通り笑ってないから…プフッ…」
 あゆ「そんな、必死に堪えながら言っても、説得力ないよっ!!」
 祐一「…もぅ、春なんだな…フッ…」
 あゆ「爽やかな顔して誤魔化さないでっ!!!」


  ――あゆしんど…?



第75崩壊【ポケエア】

 謎犬「ぴっこ、ぴっこ…」
 往人「………」
 謎犬「ぴこぴこっ、ぴ〜こ〜…」
 往人「………」
 謎犬「ぴこぴこ、ぴこぴ〜…」
 往人「………」

  ミ〜〜〜ンミンミンミンミン〜〜〜…

 往人「…なぁ」
 謎犬「ぴこ〜?」
 往人「お前、実は着グルミだろ」
 謎犬「ぴこぴ〜…」
 往人「それで、中身は黄色い電気ネズミだろ」
 謎犬「ぴこっ!!?」
 往人「………」

  ジ〜ワ〜ジ〜ワ〜ジ〜ワ〜ジ〜ワ〜…  

 往人「…いい。やっぱり、今のは忘れてくれ」
 謎犬「ぴっこり♪」



第76崩壊【むしろ永眠】

 あゆ「ねぇ、もしかしたら…だけど…」
 祐一「あぁ、何だ?」
 あゆ「祐一君のくれたカチューシャが、普通のじゃなくて、ウサギ耳のだったら…」
 祐一「……は?」

 あゆ「ボク、樹から落ちずに助かったんじゃないかなぁ!?」

 祐一「…何故に?」
 あゆ「舞さんみたく不思議なチカラが生まれて、それで…」
 祐一「その代わり、再会が3年間も遅れる上に、最後は“自分自身”に斬られるぞ?」

 あゆ「や…やっぱり、アレで良かったよ…」
 祐一「だろ?」

 あゆ「おかげで、いまでも幽体離脱が実行可能だしねっ♪」<真顔


 祐一「――んなアホなぁぁぁぁぁぁっっ!!?」



第77崩壊【空の少女…?】

 謎犬「ぴ〜こ〜ぴ〜こ〜」
 往人「このヤロッ!」
 謎犬「ぴこっ?」 

  …ドゲシィッ!<蹴

 謎犬「ぴこぴこぴこぴこぉぉぉ…」
 往人「おぉ、光る光る。これでしばらくは現れまい」
 観鈴「どうしてそんな可哀想なことするかなぁ…」
 往人「仕方ないだろ、地球外生物のくせして人間様を挑発してくるからだ」
 観鈴「う〜〜〜ん…」


  …しかし、1ヶ月ほど経ってもポテトは戻ってこなかった。


 往人「あの毛玉生物、今頃どこでどうしてるのやら」
 観鈴「そだね…」
 往人「そう言や、背中の痛みは大丈夫なのか?」
 観鈴「うん、すっかり無くなったよ」
 往人「そうか…俺も、結局は空の少女を見つけられなかった」
 観鈴「空の少女の夢も…すっかり見なくなったんだよ」
 往人「…そうなのか?」
 観鈴「うん…痛みが消えたのも、夢を見なくなったのも…」

 観鈴「――ちょうど、1ヶ月前からなんだけどね♪」

 往人「…………」
 観鈴「ど、どうしたの往人さん」
 往人「い、いや…そうか、あんな不思議生物にも、性別があったのか…」
 観鈴「???」
 

  ――というワケで、ポテトはメスらしいです…。<空の小犬(爆)



第78崩壊【最後の願い】

 祐一「本当に、これでお別れなのか」
 あゆ「…うん」
 祐一「ずっとこの街にいることはできないのか?」
 あゆ「…うん」
 祐一「そ、そうか」
 あゆ「…うん」

 祐一「だったら、せめて最後の願いを言ってからにしてくれ」

 あゆ「…そうだね」
 祐一「どんな願いでもいいからな」
 あゆ「本当に、どんなお願いでもいいの?」
 祐一「あぁ…」
 あゆ「ホントの本当に?」
 祐一「あぁ、いいよ」
 あゆ「じゃあ…ボクの、最後のお願いですっ」
 祐一「………」
 あゆ「祐一君っ」
 祐一「………」
 あゆ「ボクの――」


 あゆ「――ツケてた分のタイヤキ代、かわりに払ってくださいっ!!」


 祐一「却下!」<0.18秒
 あゆ「うぐぅっ!」



第79崩壊【謎よ永遠なれ…】

 名雪「…おっ、お母さん!」
 祐一「どうして家に居るんですか!」
 秋子「あら…私が居てはいけないんですか?」
 祐一「そっ、そういう意味じゃなくて」
 名雪「お母さん、事故に遭って…昨日、病院に…」
 秋子「あらあら、そんなコトもあったかしら?」
 名雪「いいよ…わたしは、お母さんが居てくれるだけで…それでっ…」<嗚咽
 秋子「なゆきぃ…」<抱擁
 祐一「それにしても、よく無事でしたね」

 秋子「――えぇ、事故に遭ったの、私の“影武者”でしたから…」

 祐一「!!?」
 名雪「ん…お母さん、いま何て言ったの?」
 秋子「ううん、何でもないわよ」
 祐一「…………」<滝汗

 祐一(結局、秋子さんの職業って何なんだ…)


  ――気にするな、命が惜しくば…な…。<本気



第80崩壊【茶目っ気でGO!5−卒業編−】

 祐一「卒業おめでとう、佐祐理さん」
佐祐理「ありがとうございます」
 祐一「それにしても…可愛いな、その着物…」
佐祐理「あはは〜っ、何だか恥ずかしいです」
 祐一「いや、よく似合ってる。さすがは本日の主役だよ」
佐祐理「ふぇ、佐祐理が主役ですか?」
 祐一「あぁ…それじゃ行きますか、お姫様♪」
佐祐理「はいっ♪」

  …ポカッ!

 祐一「イテテテテッ!」
 舞 「私だけ置いていこうとした…」
 祐一「いや、ちょっとした冗談だっ――」

  …タタンッ、タタタンッ!!<銃撃

 祐一「…はいぃ?」
 舞 「ぐっ…さ、さゆ…り…」
佐祐理「あはは〜っ♪」
 祐一「さ、佐祐理さん! どうしてっ!!」

佐祐理「あはは…人の恋路を邪魔すんな、です〜っ♪」


  ――最近、佐祐理さんのク○ーク化傾向が強いです…。(核爆)

 

 

第81崩壊へ

<戻る>