第51崩壊【とにもかくにも】

 祐一「おい、何やってるんだ?」
 名雪「見ての通り、読書だよ」
 祐一「へぇ…」
 名雪「この本ね、一番のお気に入りなんだ〜」
 祐一「そっか、タイトルは何だ?」
 名雪「うんっ、これだよっ♪」


  『 いちご同盟 』



第52崩壊【真相】

 香里「妹なんていないわ」
 祐一「か、香里…」
 香里「あたしに妹なんて…」
 祐一「でも、だったら栞は?」

 香里「――実は、あたしの姉さんなの」

 祐一「はいぃ?」
 香里「双子なんだけど、頭が悪くて2回も留年して、しかも幼児体型で童顔で…」

 祐一「……」
 香里「………」

 祐一「…………」
 香里「……………」

 香里「……冗談よ…」(ボソッ)


 栞 (そっ、そんなこと言う人嫌いですっ)<Return to 第7崩壊(笑)



第53崩壊【そして彼女は消えた】

 時計『あさ〜、あさだよ〜、あさごはんたべ…』

 祐一「……本当に逆効果だよな、コレ…」
 名雪「そっ、そんなことないよ」
 祐一「いや、頼むから内容変えてくれないか?」
 名雪「うん…分かったよ」
 祐一「ちゃんと起きれるヤツ、期待してるぞ」


  ――そして翌朝。


 時計『たっ、大変だよっ、ヂャムの原料が分かったの! 実は…』
 祐一「…う〜ん、わざわざ時計にそんなこと…」

 時計『ひぁっ、これは違うの、おかぁ……きゃああああああぁぁぁ』

 祐一「………………」
 秋子「朝ご飯できましたよ〜」


 祐一(…俺は、名雪を忘れないっ…)<嗚咽



第54崩壊【起こらないから奇跡】

 美汐「例えば、この街の人間の半分が妖弧だったら…」
 祐一「もしそうだったとして、天野は何を願うんだ?」
 美汐「そうですね…お菓子が降ってくるというのはどうでしょう」
 祐一「お菓子が…降ってくる?」
 美汐「はい、きっと素敵だと思いませんか?」
 祐一「そうは思わない。交通機関が麻痺するし、第一、汚いだろ」
 美汐「現実的すぎます…相沢さんは」
 祐一「そうでもないさ」
 美汐「…そうですね」

  ザアァァ…

 美汐「――でしたら、相沢さんは何を?」
 祐一「そうだなぁ…」


  ……そんなことは決まっていた。


 祐一「どうか、これ以上(アレ)の犠牲者が出ませんようにっ!!」

 美汐「…そんな酷なことはないでしょう…」



第55崩壊【むしろ呪縛】

 佳乃「…往人くん、魔法使いさんじゃなくなっちゃったねぇ」
 往人「あぁ…べつに構わないけどな」
 佳乃「でもね、本当は、あたしだって使えるんだよ」
 往人「魔法を、…か?」
 佳乃「うんっ」
 往人「そうだな」

 往人(…と言うか、すでにかかってる気がするな)


  ――閻魔大王の監視、という魔法に…。



第56崩壊【それが動機】

 久瀬「……ひぃっ」
 舞 「佐祐理を悲しませたら、絶対に許さないからっ!」


  …………

  ………

  ……


佐祐理「さっき、舞、かっこよかった〜」
 舞 「………」
 祐一「佐祐理さんに事が及ぶと、お前、我を忘れるんだよな」
 舞 「…………」
 祐一「でも、今回は後先考えてたよな」
 舞 「だって――」

 舞 「お弁当食べられなくなるの、嫌だったから!!」<本気


  …友情よりも、食欲ですか?



第57崩壊【茶目っ気でGO!3−犯罪編−】

 祐一「さ、佐祐理さん…」
佐祐理「手首に剃刀(かみそり)を宛てた時もそうでした」

  (…あっ、やっちゃうんだぁ…)

佐祐理「そんな風に、他人事にしか思えなかったんです…」
 祐一「…………」
佐祐理「それ以降…」


 <食い逃げ>
  (…あっ、やっちゃうんだぁ…)

 <万引き>
  (…あっ、やっちゃうんだぁ…)

 <泥棒>
  (…あっ、やっちゃうんだぁ…)


佐祐理「そんな風に、他人事にしか思…」
 祐一「いや、さすがに(↑)嘘はダメだって」


佐祐理「――チッ…」<本音?



第58崩壊【そりゃ価値も激減】

 祐一「あの…」
 秋子「はい、何でしょう?」
 祐一「ヂャムの原料って、結局…何なんですか?」
 秋子「それは、企業秘密です♪」
 祐一「いや、そこを何とか!」
 秋子「…分かりました。でも、絶対に他言無用ですよ」
 祐一「はいっ、それはもう!(命が惜しいって言うか)」
 秋子「それでは…――」


  『 ニガ○リ + オ○ンジマー○レード 』


 祐一「…そ、それが原料なんですか?」
 秋子「そうですよ。あっ、パンが焼けたみたいです」

 祐一「…そんな簡単なモノだったのか」
 秋子「原料が分かったのなら、食べて頂けますよね?」
 祐一「は、はぁ…」

 祐一(…謎は、解けないからこそ面白味があるんであって…)


  『謎ヂャム』 → ただの『変哲ジャム』


 祐一(しまった、訊くんじゃなかったあああああああああぁぁぁ…)<後悔


  < Special Thanks : Hiroさん >



第59崩壊【始まって終わり】

 往人「バス停か…ここでお別れだな」
 観鈴「うん。じゃあ、言うね…」
 往人「あぁ、言ってくれ」
 観鈴「よーい…」

 往人「『ドン!言ったら走るように』なんて、意地悪な先生もいたよなぁ」

 観鈴「そんなこと言う人…強制ゴールですっ!」
 往人「――何ですとぅっ!?」


(BGM:夢の跡)

 往人「みすず! みすずっ!!」
 観鈴「…ゴール、だよ…」


  ――間違っている…確実に、何かが…。(滝汗)



第60崩壊【ボクのこと忘れて下さい】

 あゆ「…ゆういちくん…本当に、祐一君なんだね?」
 祐一「思い出した。お前、あの時の女の子…」
 あゆ「お帰りなさい…祐一君っ!」

 祐一「――もしもし、警察ですか?」<携帯電話

 あゆ「…ゆういちくん?」
 祐一「タイヤキ泥棒の少女を捕縛。場所は――」
 あゆ「じょ、冗談だよね…?」
 祐一「はははっ、安心しろ」


  …カチャリ。<連行

 
 祐一「――すべて本気だ!」

 あゆ「うぐぅ、『あの時の女の子』って言ってたのにぃ…」
 祐一「だって昨日も食い逃げしてたからなぁ」

 あゆ「うぐぅ、感動の再会シーンで警察に売られるなんて、きっとボクが初めてだよ」
 祐一「やったな! 業界初だ!!」


 あゆ「うれしくなぁぁぁぁぁぁいっっ!!!」


  …いったい何の『業界』なのやら。(笑)

 

 

第61崩壊へ

<戻る>