『ひかり』後書き



 『くじういんぐ!』21739HIT!
 おめでとうございます!!!

 いやぁ、めでたいですねぇ、21739ヒット! 最高ですね、21739ヒット!! 多い日も安心、21739ヒット!!! 彩しゃんもびっくり、21739ヒット!!!!
 というわけで、21739ヒット(しつこい)を祝して、駄作ながら記念SSを投稿いたします。
 決してホームページ開設祝いの時期を逃したわけじゃないんですよ。もちろんの事ながら1万ヒット、2万ヒット記念に間に合わなかったわけでもありません。ましてや久慈さんの誕生日(5月29日)に遅れたわけでも、みさき先輩の誕生日(6月3日)に仕上がらなかったわけでもないのです。最初から私は21739ヒット記念SSをお贈りしようと考えていたのです。ええ、多分ほんとです。口ばっかりの男ですが、締め切りは破りますが、一応ちゃんと書くには書きます。


 それはさておき……


 改めて、ほとんどの方は初めましてになるんでしょうか。すなふと申します。
 この度は貴重な時間を費やして拙作をお読みいただき、本当にありがとうございました。
 SS書き上げるのも久々で、自分の書き方を既に忘れていたりもしたんですね。それでもなんとか人様の目に晒しても耐えられるかな? くらいまではまとまりましたかと思いますけど、果たしてどうだったでしょうか。
 みさき先輩の話って、どうにも難しいもんですね。私は眼が見えます。彼女は眼が見えません。それだけの違いが、世界を大きく変えてしまう。本来私なぞが適当に書いてはいけないキャラなのかも知れませんよね(でもそう考えるとONEって禁じ手のオンパレードだと思う)。それだけにこの話は悩みました。で、悩んだ結果は読んで頂いたとおりです。下手したら「それがどうした?」っていう話ですよね。リアルさは無いですし、不満点も沢山あります。でも、からっとした話を書きたかったんで、ある程度は自己満足もしています。
 私が物語に込めたかったこと、込めようとしてやっぱり止めたこと、あるいは伝えきれなかったこと。話したいことは沢山あるんですけど、でも、やっぱり何も言いません。本編だけを読んでいただいて、読んだ方それぞれが受け止めた印象、それがきっと正しい解釈だと思いますから。

 では、乱文失礼しました。
 また次回作(あるのか?)でお会いできたら嬉しいですね。

2000.6.4 すなふ


<戻る>