あとがき


まず、最後まで読んで頂きありがとうございます。


七夕ということで、このSSを書いてみました。

このSSは僕のサイトで公開している『雪解け』の

シリーズで作るため、ある程度の構想はかなり前に

できてました。その構想は名雪だけでなく一緒に住

んでいるという設定のあゆと真琴もいたんですが、

単発にするということで、今回はお休みです。

書いた後で真琴の方があやつりやすかったのでは? と

思ってしまいましたが。


SS作家として尊敬する久慈さんに贈る、というこ

とでかなり緊張しましたが、自分ではそこそこの出来に

仕上がった作品だと思います。少々矛盾がありますが・・・。

それと、1人称で初めて書いたのですが、地の文が・・・。

少ないうえに、名雪の表情が多いですね。その表情を表す

文末を微妙に変えたりして、少し抵抗してみました。


最後に本編とあとがきを最後まで読んで頂いた方々と

SSのすばらしさを教えて頂いた久慈さんに

心からお礼を申し上げます。


<戻る>