あとがき

 

 何か、このまま終わってもよさげな最後だなぁ。

 とか作者も思ってますが、これは全三章でもう一話あるのであしからず。

 今回は、『永遠』の少女について作者独自(勝手ともいう)の解釈をして書かせて頂きました。

 如何でしたでしょうか?

 読んで、「ふ〜ん、こんな解釈の仕方もあるんだ」とか思っていただけたら、光栄です。思えなかった方も、苦情メールはいいですが、爆弾メールなどはやめてね。

 とりあえず、この『永遠の盟約』はゲーム中の『永遠』をテーマに、それを作者が勝手に想像、解釈して書いていますが、読者様の思い描く『永遠』と作者の『永遠』はどんな感じでしょうか。まぁ、ここで尋ねても、もう一話あるからなんとも言えない気もしますが(^^;

 一話目だけであきずに二話目までお付き合いくださった皆様、本当にありがとうございます。m(_ _)m

 次回会うのは三話目の後書きでしょうかね。

 それでは、またお会いできる事を願いつつ。

 この辺でお別れを。

 

2000.1.5

ラクド=シャンス

 

 

<戻る>