後書きです



こんにちは、光十字です

この度は、私の初めてのダークなSS『あきらめの殺人者』に付き合って頂いてありがとうございます。
全国のマルチファンの方、気分を害したことでしょう。申し訳ないですね。


さて、このSSの原案は、痕をプレイしていたときに思いつきました。
エルクゥマルチ。ニコニコしながらも人々を惨殺していくマルチ…
うむ、雰囲気は面白い。意表もついている。しかし、オチがつかないな…。


とりあえずメンテパソコンでの夢オチと言う事にしよう。
しかし、本来夢オチは禁じ手であるので、もう一ひねりは欲しいところであるな。


そして完成したのが、原作でもあったやり取りを参考にしたものであった。

  「よう、マルチ。寝言で笑っていたぞ。ロボットでも夢を見るのか?」
  「はい、浩之さん。ロボットでも夢は見ますよー。」
  「ふーん、どんな夢を見てたんだ?」
  「はい。実はですねー」
  「ふんふん」
  「………」
  「ん? どうした?」
  「や、やっぱり内緒ですー」
   そして去りゆく浩之の背中を見つつ、ニヤッと笑うマルチ…

てな感じの結末だったんですよね。
え? そっちの方がいいじゃねぇかって?

いやいや、このくらいのひねりではダメなのですよ
夢オチをかすませるくらいの強いインパクトが欲しい!
こう考えてさらにひねりを加えます。

んで、出来上がったのが現在の結末ですね
夢オチどころか、前半の惨殺シーンまでかすむ始末…
もう、ホントに救いようのないエンディング
これこそバッドエンドって感じ。

出来としてはほぼ満足なのだが、この暗さは何とかならぬものなのか?
そうも思ったが…インパクト重視という事で、妥協することにする。
前半の描写も、マルチの現実逃避という事で説明出来ているし…
うん、いいや、了承。


なんてね。
もっとましな結末を思いつかれた方、是非ともお教え下さい
他の人の意見は本当に貴重ですので…。




<終>