このSSはKanonの2次創作です。
ネタばれはほとんど含まないはずですが、ゲームをやってから読む事をお薦め致します。
また、一部未成年者に不適当と思われる表現があったりしますので、そういう表現がおきにめさない方は読まないほうが宜しいかと。
なお、昔書いた『最良の日』というSSを読んでからお読みいただけるといっそう面白いかと……。
また、これは『くじういんぐ!』の15万HIT記念SSですが、必ずしも久慈さんの趣味に基づいて書いたわけではないことを銘記させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『雨降る夜の過ごし方』

〜最良で無い日〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 寝苦しい……。

 

 今日は日本の各地が夜から雨。

 気温が高いので不快指数はどんどん上がる。

 布団の中の温度もどんどん上がる。

 ついでにまぶたもどんどん上がる。

 

 寝苦しい……。

 

 

 眠るのが難しい夜。

 羊の数は15万を数えた所でストップした。

 

 

「寝るのをあきらめるか……」

 

 だが、そういう訳にもいかない……。

 ここでしっかり眠らなくては明日の朝起きられない。

 起きられなければ、隣の部屋で眠る従姉妹ともども遅刻してしまう……。

 

「まてよ? 明日の1時限目は体育か? ……だるいな……」

 

 まあ、2時限目からしっかり出れば大丈夫だろう。

 たまの体育はさぼっても問題無しっと……。

 

 

「この、バカチンがああああああああ〜っっ!!」

 

 がらっ、どす、ごきゅ、ばき……。

 おうっ……み、みぞおち蹴るのは反則だよ……

 

「貴様っ!! 体育をサボってもいいだと? 何を考えてやがるっ! それでも貴様男かああああああっっ!!」

「……北川……夜中に人の家で何してる……」

「決まっているだろう、貴様が男として道を踏み外しそうなのを助けにきたのだ」

「体育の授業をサボる事が道を踏み外す事なのか?」

「馬鹿者、そうではない……折原……明日の天気はなんだ?」

「明日? 夜からの雨はしばらく降り続いて午後も降るんだろう?」

「そう、雨だ……雨の日に行う体育とはなんだ?」

「それは体育館でじゃないのか?」

「うむ……そこまで来ても気づかんか……未だ未熟者よのう」

「はっ、そうか、当然の事ながら雨の日の体育だと言う事は……当然女子も……」

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうだよ、女子のぶるまーを堂々と観賞できる最大のチャンスなんだよ、まいぶらざー!!」

「そうだ、そうだったよ俺が間違っていたぜ、同士北川スキー!!」

「そうだっ、我々はこの日を待っていたっっ!!」

「明日こそ約束の地が開かれる時っ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

「そう、明日の体育は逆転満塁ホームランだ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次の日、体育は女子が体育館でバスケ、男子が柔剣道場で柔道……。

 

 どうやら世界は僕達に優しくないらしい……。

(END)