このSSは『AIR』の佳乃シナリオのネタばれを含んでいます。
ですので、ゲームをやってからお読みいただきますとよりお楽しみ頂けます。
このSSに対する苦情、お問い合わせ、お叱り、激励、叱咤等は管理人さん当てでは無く、作者までお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「くっ、血圧が低下してきたか!!」 

「往人くんっ!! お願い、目を覚まして〜っ!!」

「国崎君、しっかりしろっ!!」

「ぴこ〜っ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 人は自分の大事な物が奪われる事に恐怖する。

 

 

 

 

 

 

「がはっ」

「お、お姉ちゃん、血が……」

「いかん、輸血の準備もしないとっ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは、人であったり物であったりするが、何故人はそれを恐れるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

「ううっ、くうっ」

「国崎君、気がついたのかっ!!」

「往人くん……良かったよ〜」

「ぴこ〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは、誰でも一度は大事な物を亡くした経験があるからだろう。

 だからこそ人はそれを恐れる。

 

 

 

 

 

 

 

「……あ、あれ? ここは……」

「良かった……大事には至らなかったか……」

「ううっ、あううう、ぐすっ」

「ぴこぴこ〜ん」

 

 

 

 

 大事な物は人によって様々だろう。

 失いたくない物を数え切れぬほど抱える人もいるだろう。

 では、その中でも……一つあなたが一番大事だと思うのはなんだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

「原因は……食中毒だな……分かりきった事だが……」

「もう、二度と佳乃の料理は食わん」

「え〜っ、どうして?」

「食うたびに、命が危険な物を食えるかっ!!」

 

 

 

 

 

 

 一つだけの大事な物……自分の命と答える人は多いことだろう。

 だから、この国崎の発言は至極まっとうな物だった。

 

 

 

 

 

「じゃあ、いっぱい練習して美味しい物を作って見せるからね!!」

「……」

「……」

「ぴ……ぴこ」

 

 

 そして、言葉から生み出される結果とは……普通、とんでもない方向に行く物なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『願いの代償に得た物』

〜やってはいけないことをする人達〜

表の章

 

 

 

 

 

 

 

「……はあ……」

 

 霧島聖。

 霧島診療所の若い女医。

 美人。

 家事もこなす。

 痴漢や悪漢は得意のメスさばきで追い払う。

 正になんでもこいってな無敵の女性。 

 だが、そんな彼女にも……。

 

「佳乃……ゆで卵を作るときは、鍋でゆでなさい」

「ほえっ? 電子レンジじゃだめなの?」

「ダメだ」

「そうなんだ〜、知らなかったよ」

 

 妹の料理を上達させるというのはかなり困難なものだったようだ。

 話は数時間前にさかのぼる……。

 

 

「じゃあ、いっぱい練習して美味しい物を作って見せるからね!!」

「……」

「……」

「ぴ……ぴこ」

「ということで、お姉ちゃん、料理教えて」

 

 

「……選択の余地は無しか……分かった、さすがにずっとそのままという訳にもいかないだろうしな」

「ありがと〜、じゃあ、往人くんとポテトは味見の実行部隊に任命〜……あれっ?」

「……逃げたな……」

 

 1人と1匹の味見実行部隊はすでに敵前逃亡済みだった。

 

「後で、極刑だな……佳乃、ところで今何が作れるのかな?」

「え〜とね……お料理の本を見たりすれば一通りは作れると思う」

「そうか」

 

 

 

 

「じゃあ、卵焼きを作るね♪」

 

 

 コンコン、グシャ!

 

「あっ、卵つぶれちゃった……」

「……ま、まあ、殻を除けば大丈夫だろう」

「うん、取り除いたよ〜」

「じゃあ、かき混ぜて……」

 

 ガシャガシャ……。

 

「黄身と白身がちっとも混ざらないねえ♪」

「……じゃあ、調味料を入れようか……」

「え〜と、お砂糖と、隠し味のお塩」

 

 トスッ……ドサッ!!

 

「塩がいっぱいだとしょっぱくなってしまうぞ」

「う〜ん、失敗、失敗」

「じゃあ、焼いてみようか」

「卵焼き用のフライパン出してくるね〜……キャッ」

 

 どんがらがっしゃーん……。

 

「怪我は?」

「大丈夫、往人くんがかばってくれたの」

「……くっ、不覚……つい、体が……」

「どこにいたんだ?」

「その辺に隠れてたんだよ……」

「どうして、隠れてたの?」

「……ポ、ポテトとつい夢中になってだな……決して他の理由があるわけでは」

「う〜っ、かくれんぼで仲間はずれにするなんてひどいよ〜」

「まあ、ちょうど良い、焼いた卵焼きは国崎君に食べてもらうとするか」

「……」

 

 

「じゃあ、フライパンを火にかけて」

 

 かち、ご〜っ。

 

「卵を流して」

 

 どばどば〜。

 

「あれ?あふれちゃった」

「佳乃、惜しかったな、まずは油を引かないと」

「おおっ、なるほど」

「そして、卵は少しづつ入れていけば完璧だ」

「そっか、いっぺんにいれたからあふれちゃったんだね」

「……あの溶けきってない粉状の物はなんだ……」

「国崎君、塩も知らんのかね」

「……現実を見たくなかっただけだ……」

「なるほどな、同感だ」

「底が真っ黒になっちゃった、でもできたよ〜♪」

「まあ、試食は国崎君にまかせて、次の料理に行こう」

「聖……後で胃薬を頼む」

「ふっ、君がいてくれて良かったよ……さすがにあれはちょっとね」

「あんたそれでも医者か?」

「私は医者である前に人なのでね……」

 

 

 

 かくして料理修行は続く。

 

 卵焼き、目玉焼き、ゆで卵などなど簡単なはずの料理が……。

 

「この目玉焼きは黄身と白身が混ざった上に、完全に焦げてるぞ」

「味がついてないだけマシだと思ってくれ」

「普通、塩や胡椒をふらないか?」

「あの子に常識が通用するとでも思ったのか?」

「まあ、下手に塩山盛りの物を食わされるよりは、自分で醤油かけて食ったほうがはるかにマシだな」

 

 

「卵の底が焦げてる……」

「あやうく鍋までおしゃかになる所だったよ」

「それなのに、何故中身はどろどろなんだ?」

「ある意味天才的なゆで方なのかもしれないな」

 

 

 

 

 

 

「じゃあ、次は包丁を使ってみよう」

「なあ……すでに結果が見えてると思うんだが」

「残念だが、あの子が乗り気なのに、止めようなんて思えるほど私は冷たくなれないのでね」

 

 

「それじゃあ、ほうれん草とベーコンと、玉葱で野菜炒めを作りましょう!!」

「それは美味しそうだな……良かったな国崎君」

「……まともな物ならな……」

「じゃあ、まずはベーコンさんを一口大に」

 

 ザックザック……。

 

「……どうして、こうも上手く、全ての大きさが不ぞろいに切れるんだろう」

「別にベーコンの大きさが揃ってなくてもそれほど問題無いだろう」

「じゃあ、あんたが試食しろ」

「ごめんこうむる」

「じゃあ、玉葱を切りま〜す」

「……」

「眼がしみる〜、大洪水だよ〜」

「……おい……そこの過保護な姉……」

「なにかな? 妹の為に競泳用ゴーグルを用意してはいけないのかね?」

「それにしても……なんで競泳用ゴーグルがあるんだ……?」

「女性には秘密が多いものなのだよ」

「あっ、お姉ちゃんありがとう〜♪ さあ、玉葱さん覚悟〜」

 

 ザックザック……。

 

「……根元が残ってる……」

「皮を剥いただけ良いと思いたまえ」

「あのやたら厚いのが皮だけならな……」

「玉葱はある意味どこまでも皮だ」

「次はほうれん草〜♪」

「……なあ、なんであそこまで佳乃は料理が出来ないんだ?」

「……私がいつも作ってたからな……」

「にしても限度はあるだろう?」

「まあ……理由はあるんだが……」

「あるんだが?」

「そのうちに話そう……今は……」

「まあ、後で聞かせてもらうぞ……それで、あんたもあの料理を食ったんだよな……」

「死ぬかと思った」

「そう思ったなら何故そう言わないんだ」

「妹が一生懸命作ってくれた料理を、けなす事などできるはずが無いだろう」

「じゃあ、あんたも今作ってる奴を食え」

「国崎君、骨は拾ってやる」

「逃げるのか?」

「私が倒れたら誰が治療するのかね?」

「くっ……」

 

 

 

 

「できたよ〜っ」

「ほう、出来たか……」

「何だ? この色は……」

「美味しそうでしょ?」

「……そうか、話に気を取られて調味料を確認しなかったな……」

「国崎君、骨は拾ってやる、安心して死んできたまえ」

「えへへ♪ さっそく食べよう、と言う事でそこの二人は味見部隊の隊員に任命」

「「二人?」」

「うん♪」

「「……」」

 

 

 そして、やっぱりアレでナニだった……。

 

 

「なあ、佳乃……味見したか?」

「ううん、してないよ」

「……だろうな」

 

 バタッ。

 

「ゆっ、往人くんっ?」

(初めに戻る)